【ダンベル何キロ持てる?】1話の筋トレまとめ『ベンチプレス・スクワット』

筋トレ

本記事ではアニメ『ダンベル何キロ持てる?』の1話で紹介された筋トレ方法をまとめておこうと思います。

内容として『ベンチプレス』『スクワット』のやり方になります。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



正しいベンチプレスのやり方

 

たくましい大胸筋を作るには必要不可欠な『ベンチプレス』。

自分の体重だけでは、効率よく大胸筋を鍛えることができないことから、ベンチプレスを家に置いたり、ジムに行って使うという方も多いです。

 

ちなみに『ベンチプレス』とは下のようなモノです。

 

このベンチプレスの正しい使い方を『ダンベル何キロ持てる?』で紹介されていたので、簡単にまとめておこうと思います。

 

鍛えられる部位

・上腕三頭筋(二の腕)

・三角筋(肩)

・大胸筋(胸の筋肉)

 

ベンチプレスは男性のたくましい印象を与えれる胸の厚みを上げたり、女性はバストアップにおすすめなトレーニングなんです!

 

ベンチプレスのやり方

・バーを持ちながら、目線がバーの真下になるようにする(基本姿勢)。

・肩甲骨を寄せて、腰はアーチを描くようにする(基本姿勢)。

1.息を吸い込みながら、ゆっくりバーベルを下す。

2.息を吐きながら、一気にバーベルを上げる。

ポイントは”しっかりとお腹に力を入れる(腹圧をかける)”こと。

※ベンチプレスをする際は必ず『セーフティーラック』を使おう!

 

ちなみにベンチプレスを買うことができなかったり、置くスペースがない人には下のようなダンベルを利用するとよいでしょう。

Wout バーベルにもなる ダンベル 10kg 2個セット

Wout バーベルにもなる ダンベル 10kg 2個セット

5,499円(10/18 13:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ハーフスクワット

 

下半身を鍛えるトレーニングで有名である『スクワット』。

道具もいらず、自身の自重だけでも十分トレーニングできるので、手軽な運動だといえます。

 

ちなみにスクワットはとてもキツイトレーニングだったりします。

なので、特に男性なんかはスクワットなどの下半身を鍛えず、上半身だけ鍛える人が多かったりします。

その結果、上半身は立派だけど、下半身がひ弱な『チキンレッグ』になってしまうことが多いんだそうです。

 

鍛えられる部位

・大腿四頭筋(ももの表)

・ハムストリングス(ももの裏)

・大臀筋(お尻)

 

スクワットはお尻や太ももの引き締め効果が抜群です。

なので、ヒップアップにも最適ですので、魅力的なヒップを目指してみましょう!

 

また、体の中で大きい筋肉である『太もも』『臀筋』が鍛えられるので、体の代謝を上げ、痩せやすくなったりします

 

ハーフスクワットのやり方

・息を吸い込みながら、太ももと床が並行になるぐらいまで腰を落とす。

・膝を曲げるのではなく、お尻を下に落としていくイメージ。

・立ち上がる時は、息を吐きながら上げていく(膝を伸ばしきらいないように気を付ける)。

 

ボクも前からこのスクワットのやり方でトレーニングをしていたりします。

その結果、おじさん(おばさん)のような四角かったお尻が引き締まり、丸くなりました!

なのでぜひ、ここで紹介したスクワットを実践して、引き締まったお尻を手に入れましょう!

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント