ダイエットに必要な基礎知識【これを知らなければ痩せることは難しい】

ダイエットコラム

ダイエットをしているけど痩せられないといった方も中にはいるんじゃないでしょうか?

 

ちゃんと運動しているのに痩せないというのは、とてもツラいですよね。

 

それはもしかしたら、正しく痩せられる方法ではないのかもしれません。

 

痩せるための知識を身につけて、正しい努力ができると効率的なダイエットができるようになると考えています。

 

ですので、本記事ではダイエットする前に知っておきたい4つの知識をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



1.大きな筋肉から鍛える

 

効率よくダイエットしたいのであれば、「背中」「ふともも」「お尻」といった大きな筋肉を鍛えるべきなのです。

 

ヒトの基礎代謝を決めているのは体の筋肉量です。

 

基礎代謝とは、何もせずじっとしている状態で生命維持をする際に自動的に消費するエネルギーのことです。

 

この基礎代謝が高い人は一日の消費エネルギー量が多いということになりますので、太りにくい体であるといえます。

 

そんな基礎代謝は筋肉量で決まることから、大きな筋肉を動かし鍛えることが効率的なダイエットに繋がるというわけです。

 

 

また、ヒトには体を動かすための400もの筋肉があります。

 

そのヒトの体の筋肉の3分の2の筋肉が下半身に集まっています。

 

女性の方の場合はふとももやお尻といった部位を気にされていることが多いと思います。

 

そういう方の場合は下半身の運動を中心に行っていくのも良い方法だと言えます。

 

そのため、魅力的な女性に欠かせない、それらの部位を先に鍛えながら、全体的な運動をするといった方法で取り組むことをお勧めします。

 

2.水分をしっかりとる

 

ダイエット中には水分をしっかり摂ることはお勧めします。

 

ヒトの体での水分は、消化吸収や老廃物の運搬などに使われています。

 

体の中の水分が不足すると、血液の流れが悪くなってしまいます。

 

そうすると、体の隅々まで栄養や酵素が行き渡らなくなってしまうのです。

 

その結果、代謝が悪くなり、脂肪燃焼が上手くできなくなってしまうのです。

 

また、水分不足はダイエットにありがちなお通じが悪くなることにも繋がってしまうのです。

 

水分不足は便を硬くしてしまい、便秘の原因になってしまうことがあります。

 

では、その水分はどれぐらい摂れば良いのでしょうか。

 

女性の場合は1日あたり2リットル、男性の場合は3リットル摂るようにします。

 

また、一度に一気に摂るのではなく、少しずつこまめに摂るようにしてください。

 

スポンサーリンク

3.体内時計をしっかり整える

 

不規則な生活は太りやすくしてしまう原因の1つです。

 

ヒトの体には1日周期でリズムに「体内時計」があります。

 

これにより、日中は身体を活動状態にして、夜は休息状態に意識しなくてもしてくれるのです。

 

そんな体内時計を正常に保ってくれるのが「日光を浴びる」ことです。

 

これにより、体内時間がリセットされ、ヒトの体の1日を正常に動くようにしてくれます。

 

この体内時計はダイエットに関係しているといわれています。

 

昼間にボリュームのあるものを食べたとしても、正常に内臓に負担をかけずに消化できるのです。

 

ですが、体内時計が上手くリセットできていない状態だと、太りやすい代謝の悪い体になってしまいます

 

起床時間や就寝時間、食事の時間が不規則になってしまうと体内時計が不規則になってしまいます。

 

それにより、代謝が悪くなる以外にも、病気になったり活力が出ないといったことになりかねません。

 

ですので、ダイエットを効率的に行いたいのであれば、規則正しい生活習慣にして、体内時計をしっかり整えるようにしてください。

 

4.食事をしっかり摂る

 

ダイエット中だからと言って、食事を摂らないのは良くありません。

 

というのも、健康的に痩せるために必要な栄養素が摂り込まれないことで、ただ細い不健康な印象を持たれてしまうようになってしまいます。

 

基本的に女性の場合は「美しく魅力的に見られたい」という目的からダイエットしていると思います。

 

その「美しく魅力的に見られる」という目的を達成するためにに「痩せる」という手段を選んでいるわけですよね。

 

にもかかわらず、手段であったはずの「痩せる」を目的に変わってしまっている方がたくさんいらっしゃいます。

 

ですので、そういった「ただ痩せた不健康そう」といった結果にならないように食事をしっかり摂らなければならないのです。

 

その食事で気を付けなければいけないのが「糖質」です。

 

糖質と聞くとケーキやチョコレートといったお菓子を想像される方も多いかと思います。

 

ですが、日本人が良く食べている「ご飯」やパン、パスタやお蕎麦といった麺類といった炭水化物にも糖質は含まれています。

 

炭水化物は食物繊維と糖質でできています。

 

また、そのほとんどが糖質が占めているといわれています。

 

このことから、食事は野菜とタンパク質が豊富な脂の少ないお肉を中心に3食しっかり食べるようにしてください。

 

ちなみに、お肉のお勧めは鳥の胸肉と高たんぱく質なだけでなく、豊富なアミノ酸が含まれている牛肉の赤みが良いかと思います。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント