太る原因は糖質にあった ~効率的なダイエットのために必要な知識

ダイエットコラム

最近よく芸能人の方が「糖質オフ」ダイエットといった痩せるダイエット方法が有名になってきました。

 

これは、今までの食事で摂取していた糖質が含まれている食べ物をカットするといったダイエット方法です。

 

この糖質オフダイエットをすることで痩せられたという方もたくさんいることから、痩せるために有効な方法であるといえます。

 

では、なぜ糖質をカットすることで痩せられるのかをご説明していきます。

 

スポンサーリンク



糖質を含んでいる食べ物とは

 

みなさんは糖質と聞くとケーキやお菓子を想像される方がたくさんいらっしゃると思います。

 

ですが、食卓に並ぶ”米”や”パン”といった穀物類、”お蕎麦”や”パスタ”といった麺類も糖質が多く含まれているといえます。

 

それらの炭水化物は糖質や食物繊維からなり、そのほとんどが糖質なのです。

 

ですので、日本人の方は主食であるご飯を食べすぎないように注意をしなければいけないということです。

 

糖質=甘いものというのは間違いなんです!

日本人が毎日食べているお米なんかも太る原因になりますから、肥満やダイエットをされている方は気を付けたいところではあります。

 

 

体のエネルギーとなる三大栄養素

 

糖質とは人間が動くために必要なエネルギーの元となる三大栄養素の1つです。

 

その三大栄養素とは「タンパク質」「糖質」「脂質」を指します。

 

三大栄養素の働きは下記のとおりです。

タンパク質 体を構成する約60兆個の細菌の原料なります。
それにより、筋肉や血液、骨や細胞になどを作る働きがあります。
脂質 細胞膜やホルモンの原料になるという働きをします。
また、エネルギー源となります。
糖質 体のエネルギー源となります。

 

このように3つの栄養素にはそれぞれに働きがあります。

 

どれも人間の体には欠かせない栄養素なんですよね。

だから、摂らなければいけないモノなのですが、バランスが重要だといえます。

 

 

スポンサーリンク

糖質を控えると痩せる理由

 

人の体のエネルギーになる三大栄養素で1つである「糖質を摂取しないといけないんじゃないの?」と心配される方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

ですが、糖質をそこまで摂らなくても大丈夫だったりします。

 

その理由として糖質を摂取したときの働きを理解するとご理解いただけるかと思います。

 

 

糖質は体に摂り入れられると”ブドウ糖(グルコース)”という栄養素に分解されます。

 

健康診断の結果でよく「血糖値が高い」から気を付けてくださいという通知がくる方がいらっしゃいますよね。

 

この血糖値は血液中のブドウ糖の濃度を表しています。

 

なので、糖質を体に摂り込むと血糖値が上昇するのです。

 

その血糖値を一定の範囲内にとどめようとする働きが人体にはあります。

 

それが膵臓が「インスリン」というホルモンが分泌され、血中のブドウ糖を肝臓に移動させます。

 

その肝臓に送られたブドウ糖を”グリコーゲン”という形に変え体内に蓄えます。

 

そうすることで、糖質が足りなくなった際にはそれを糖質に戻し使うというのが体の仕組みです。

 

ですが、そのグリコーゲンの貯蔵量には限界があり、その許容を超えてしまうとインスリンは余った糖質を中性脂肪に変えるといった働き方に変わります。

 

それが、インスリンを「肥満ホルモン」と呼ばれる由縁なのです。

 

このことから、太らないためにはインスリンの分泌を抑える必要があるということがわかると思います。

 

そのため、糖質を摂取するのを控え、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌を抑えることで痩せるということに繋がるのです。

 

体のエネルギー源になるのは糖質だけでなく、脂質もエネルギー源ですので脂質で賄うことができます。

 

それでも、脂質では賄いきれないのではと考えてしまうと思います。

 

ですが、人の体には「糖新生」という糖質を作りだす仕組みがあるので心配ありません。

 

 

糖質を体内で作り出す仕組み「糖新生」について

 

人の体には糖新生という仕組みがあるので、糖質が枯渇して足りない分のブドウ糖を作り出し、血糖値を補正するので血糖値が低くなりすぎるということはありません。

 

その際、中性脂肪を燃焼させ、体から脂肪を減らします。

 

これにより、糖新生を促すために、糖質の摂取を控えることで痩せることができるということです。

 

スポンサーリンク

効果的なダイエットをするためには

 

効率的なダイエットをするためには、普段の食事にも気をつけなければいけません。

 

その食事では特に糖質の摂取を控え、その糖質が多く含まれている炭水化物などもできる限り控えるようにしたほうが良いかと思います。

 

そうすることで、血糖値の上昇を抑え、中性脂肪の原因であるインスリンの分泌も抑えることができます。

 

また、糖質を控えることで糖新生の働きも期待ができ、脂肪燃焼を促すことができるということでした。

 

ぜひ、本記事を読んでいただいた方が少しで効率の良いダイエットに繋がればと思います。

 

 

炭水化物抜きダイエットにお勧めなサプリもあります!

 

最後に太る原因は糖質にあり、炭水化物も関係していると説明しました。

 

そして、日本人の食事は『お米』が主食になりますから、たくさんの炭水化物を摂取してしまうといえます。

 

とはいえ、急に食事からお米をなくすのは難しいかもしれません。

 

そういう方にはネットでも評判の高い『スルスルこうそ』がオススメです。

 

そのスルスル酵素には豊富な酵素が配合されており、炭水化物を溶かしてくれると言われています。

 

そう考えると、炭水化物抜きダイエットにはぴったりなサプリだといえないでしょうか!

 

ということで、「お米を完全にカットするなんてあり得ない…」という方は、ぜひ試してみてください。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント