太る食べ物と痩せる食べ物とは【食べる量は少ないのに太ってしまう理由はコレ!】

ダイエットコラム

一般の人と同じ量の食事量なのになぜか太ってしまう。

こんな方って実は結構多かったりするんですよね。

 

これをホルモンのせいもあるかもしれませんが、実際はそれだけではないことがほとんどです。

 

そして、そういう人に限って太りやすい食べ物を食べてしまっている可能性が高いです。

 

なので、ここではその太りやすい食べ物と痩せる食べ物を紹介したいと思います。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



最も太る食べ物とは

 

ここでは太りやすい食べ物について書いていきます。

 

そして、ここでの情報は『シンガポール国立大学の研究』をもとにしています。

 

シンガポール国立大学の研究

シンガポール国立大学では、イギリスに住む子供たちのデータを集め、「どんな食べ物が太る原因なのか」を調査したとのこと。

 

参加者は4,646人の7歳から13歳で、体重や身長、活動量、毎日の食事などを分析したそうです。

 

そうすると、以下の子供たちの肥満になる原因ともいえる食品が分かったとのこと。

・マーガリン&バター

・揚げ物

・油を使ったポテト類(ポテトチップス、フライドポテトなど)

・加工肉

・お菓子

・牛乳

・砂糖入り飲料水

 

まさに肥満体型の人が好みそうな食品ばかりですね。

この食品たちはできるだけ控えたいところです…。

 

最も太る食べ物は”ポテトチップス”である

上の太る食品の中で太る食べ物ベスト3は下の通りです。

1位:ポテトチップス

2位:フライドポテト

3位:加工肉(ソーセージやベーコンなど)

 

糖分系かと思いきや、まさかの一位は”ポテチ”とは!

小腹がすいた時についつい食べてしまうポテチが太るのに打ってつけなんですね!

 

ポテチが太る理由は”平べったくて表面積が広いことから、油を多く吸収する”からなんだそうです。

 

だから、ポテチはカロリーの密度が高くなるとのこと。

※その証拠にポテチ100gに対して400kcal前後もある!

 

ポテチの恐ろしさはそれだけではない!

ポテチの恐ろしいところは他にもあります。

 

それが下のとおりです。

・カロリーの密度が高い

・満腹感が得られないので、どんどん食べられちゃう

・油分が多いので、食欲を暴走させる

 

ポテチの質の悪いところは”平べったくて小さいから、いくらでも食べられちゃう”んですよね。

 

それに加えて、ポテチに限らず、”油分は人間の食欲を暴走させる”と言われており、さらにポテチの食べるスピードが加速するわけです。

 

ポテチはカロリーが凝縮されていて、『食品として満腹度が低い+油分で食欲が増幅』という最もデブ食品にふさわしい食べ物なんですね。

ポテチってとても恐ろしい食べ物だってことを覚えておいてください!

 

 

食べると痩せる食べ物ってあるの?

 

ポテチがデブの素ということが分かったところで、次に気になるのが食べるだけで痩せる食べ物が気になるところだと思います。

 

結論から言うと…。

”水溶性の食物繊維を含む食べ物”

が唯一痩せる食べ物なんだとか。

 

様々な研究によって、食物繊維を食べると痩せるということはわかっているので間違いないといえるかと思います。

 

よく野菜など食物繊維を含む食べ物を食べると、腸内で膨らんで満腹感が得られるなんてことが言われたりします。

ですが、それ以外に”食物繊維は脳に直接働きかけて食欲を抑える”という仮説が立てられているそうです。

 

理由として、大腸で腸内細菌によって分解された食物繊維から生まれた『短鎖脂肪酸の酢酸』によって、食欲を抑えるのではないかと考えられているそうです。

 

 

スポンサーリンク

さいごに

 

本記事の簡単なまとめは下のとおりです。

・食品として『ポテトチップス』『フライドポテト』『加工肉』は特に太りやすい。

・痩せる唯一の食べ物は”水溶性の食物繊維を含んだ食べ物”である。

 

ダイエットや健康を維持したい方は本記事で紹介した食品を避けた食生活を送ってみてください。

 

そして、痩せたいのであれば、”水溶性の食物繊維”を調べて、積極的に毎日の食事に取り入れてみてください。

 

そうすると、太りにくく、痩せやすい体に近づけるかと思います!

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント