髪&頭皮に優しいシャンプーの選び方【薄毛の方必見です】

悩み

薄毛が気にされている方は、まず洗髪する際のシャンプーにも気を付けたほうがいいかと思います。

というのも、シャンプーの種類によっては、途轍もなく頭皮にダメージを与え続けることになるからです。

 

なので、本記事では頭皮に優しいシャンプーについて書いていきます。

また、本記事で解説するシャンプーの種類は『高級アルコール系』『セッケン系』『アミノ酸系』の3つになります。

そして、頭皮に優しいシャンプーの種類の結論を言うと”アミノ酸系のシャンプー”を使ったほうが良いです。

 

ちなみに「ノンシリコンが良い」みたいなことを言われますが、シリコン自体は体に無害と言われていますから、別にどちらでもよいといえます。

 

スポンサーリンク



高級アルコール系

 

ドラックストアなどで最も多く売られ、安価に手に入る『高級アルコール系』。

この高級アルコール系のシャンプーが最も頭皮にダメージを与えるので、できるだけ使用は避けたほうがいいといえます。

 

洗浄力はとても強いが肌への負担は大きい

 

高級アルコール系のシャンプーは”食器用洗剤に近いシャンプーであり、泡立ちや洗浄力の強いシャンプー”です。

ですので、皮脂が多く分泌される若者の頭皮であればトラブルはあまりないが、皮脂が少なくなる年齢の方にはお勧めできないシャンプーとなります。

また、乾燥肌の方の場合は皮脂不足になったり、肌トラブルの原因になったりするので、特に注意が必要になります。

 

この高級アルコール系のシャンプーの成分表記を確認してみると『ラウリル硫酸』『ラウレス硫酸』『直鎖アルキルベンゼンスルホン酸』などの成分が書かれているので、意識してシャンプーを選んでみてください。

また、『セッケン系』『アミノ酸系』などと表記がされていなければ、まず高級アルコール系だと思っていいかもしれません。

 

ボク個人の感覚ですが、高級アルコール系のシャンプーで頭を洗髪してお風呂から出て、鏡で髪の生え際を見ると、とても乾燥しちゃっていることがあるんですよね…。

また、頭皮が突っ張ったり、10代の頃には感じなかった違和感を感じていたので、ボクは今ではアミノ酸系を使っています。

とはいえ、高級アルコール系のシャンプーは何かと悪者になりがちですが、ネットの情報のように誇張されすぎた情報は鵜呑みにしないようにしましょう。

 

弱酸性だからと安心してはいけない

 

テレビやドラッグストアでよく見かける『弱酸性』というワード。

そもそも弱酸性の洗浄成分は逆性セッケンと呼ばれ、洗浄力はないものの殺菌力が高いセッケンになります。

※逆性セッケンは殺菌剤として病院などのサニタリー消毒などで使われいます。

 

そして、この逆性セッケンは実は肌への負担はとても大きいとされています。

というのも、肌の常在菌に対して強力な殺菌作用があるからです。

それにより、皮脂を正常に分解する常在菌不在が生じ、肌荒れの原因になってしまうのです。

 

皮膚科医の中には「肌の負担が大きい」と考えるもいる人もいるんだとか。

加えて、老人介護センターなどでは弱酸性のシャンプーはまず使われないそうです。

 

セッケン系

 

セッケン系シャンプーはセッケンが主剤の最も原始的でシンプルなシャンプーです。

 

セッケン系を使うメリットは、洗浄力が高く、高級アルコール系よりも皮膚へのダメージは少ないということです。

なので、「高級アルコール系は肌が乾燥するから使えない」「アミノ酸はアレルギーがある」という方にはセッケン系シャンプーが適しているといえるかもしれません。

 

ですが、デメリットとしてアルカリ性で髪のキューティクルが逆立った状態になってしまうということです。

この髪のキューティクルが開きっぱなしになっていると、その開いた髪に汚れが溜まってしまい、衛生的に悪いといえます。

なので、リンスーなどの酸性の液体でキューティクルを閉じてあげなければならないという欠点があるわけです。

 

また、『セッケン系』と書きながら、高級アルコール系のシャンプーもありますので、注意して選んでください。

セッケン系シャンプーを購入される際には成分表をみて、「全成分:水、カリ石けん素地」といったできるだけシンプルな成分のシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク

アミノ酸系

 

薄毛が気になる方にお勧めしたいシャンプー『アミノ酸系』。

最も頭皮に優しいといわれており、薄毛の方は選択肢一択だといえます。

※アレルギーがある人は除きます。

 

洗浄力は低いが肌に負担は少ない

 

アミノ酸系シャンプーを使うメリットとして洗浄力が低いけど、不必要な洗浄がないため、肌への負担が少ないということです。

なので、美容院で勧められるシャンプーなんかは、大体が髪や頭皮に優しいアミノ酸系だったりします。

 

でも、このアミノ酸系のデメリットとしては高級アルコール系よりもはるかにアミノ酸系のシャンプーの価格は高いということです。

※1,000円台もありますが、大体2,000円以上してしまう…。

 

アミノ酸系の見分け方として、パッケージに『アミノ酸系』と書かれているか、もしくは成分表記には『ココイルグルタミン酸』『メチルアラニン』などの成分が含まれているかで判断でしてみてください。

 

「自分はシャンプーに拘っていない」という方は安価で手に入る高級アルコール系を選ぶかと思いますが、将来的に髪が薄くなる危険性を考えたら投資と思ってアミノ酸系を買ったほうが良いかと思います。

ボクは20代中盤からずっとアミノ酸系を使っていたりします!

 

使用期限に注意が必要である

 

高級アルコール系には防腐剤が入っていることが多いですが、アミノ酸系には防腐剤は少ない場合が多いです。

なので、使用期限は短く、詰め替えの際などにつぎ足すような替え方はやめておきましょう。

 

入れ替えの際はボトルをきれいに洗い、完全に乾燥させてから、入れ直すようにしましょう。

 

結論:薄毛はもちろん、肌に優しいのは『アミノ酸系』

 

本記事で解説した3つのシャンプーはザックリ下の通りです。

・高級アルコール系:安価で洗浄力が高いけど、髪や頭皮へのダメージが大きい。

・セッケン系:洗浄力が高く、頭皮へのダメージも少ない。

アミノ酸系:洗浄力は低いけど、頭皮の乾燥も少なく、髪や頭皮ともに優しい。

 

薄毛に悩んでいる人はもちろんですが、対策としてシャンプーは拘ったほうが良いかと思います。

また、男性もそうですが、女性の方でも薄毛に悩まれている方も多いですから、「私は女だから大丈夫!」なんて思ってないで、シャンプー選びはしっかりしておいた方が将来のためになるかと思います。

 

何なら、一度、「行きつけの美容院で髪質を診てもらって自分に合うシャンプーを選んでもらう」というのもいいかもしれませんね。

 

頭皮も顔の延長だと思って、スキンケアと同様に毎日意識してみてください。

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント