ピュアライズのフラットベンチのレビュー【フレーム・マットは丈夫でした】

筋トレ

最近、肉体改造に力を入れようと『フラットベンチ』を購入しました。

そして、ボクが購入したのは『ピュアライズのフラットベンチ』です。

 

ですので、本記事ではその『ピュアライズのフラットベンチ』について書いていこうと思います。

フラットベンチの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



【ピュアライズ】フラットベンチを購入した理由

 

ボクは下の理由で『ピュアライズのフラットベンチ』を購入しました。

・マットに厚みがある。

・マットの先端部分が補強されている。

・コスパが良い。

 

ここでは上の理由を簡単に説明します。

 

マットに厚みがある

 

フラットベンチを使って、ウエイトを使った種目や腰に負荷をかける腹筋を集中的に鍛える運動をされる方はマットは厚いほうがいいかと思います。

ボクは少し前に使っていたフラットベンチだとベンチプレスを上げるときや、腰・お尻に負荷のかかる種目をした後、腰やお尻が痛くなっていました。

 

こうなると、回数がこなせなかったり、「腰痛くなるんだよなぁ…」と思うように結果が出せなくなってしまうんですよね。

なので、フラットベンチを買う際はマットの厚さもしっかり確認したほうがよいかと思います。

 

マットの先端部分が補強されている

 

『マットの先端部分の強度』は本格的なトレーニングをされる方は意識されるポイントかと思います。

というのも、ストイックな種目の中にはマットの先端を使った種目が結構あるからです。

特にベンチプレスといった重いウエイトを使ったり、ドラゴンフラッグといったマットの先端を手で掴み足を上げるなどの先端部に負荷をかけることがあります。

 

こういった比較的ストイックな種目をする際には、マットの先端部の強度は重要なわけです。

なので、将来的には本格的なトレーニングを考えている方は『先端部分の強度』を確認しておきましょう。

 

コスパが良い

 

シンプルに『ピュアライズのフラットベンチ』はコスパが良いと思っています。

正直、シンプルなフラットベンチには値段に差はありませんが、それでも値段に値しない商品も多々あるのが現状です。

 

その点、『ピュアライズのフラットベンチ』はボク自身も感じていますし、購入者のレビューでも「コスパが良い」「値段相応で満足」といった評価が見られますので、ボクが感じたことは正しいのだといえます。

 

【ピュアライズ】フラットベンチのレビュー

 

ここでは『ピュアライズのフラットベンチ』のレビューを書いていきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

とてもしっかりしている!

見てください!

この太い丈夫な足を!

 

まず初めに『ピュアライズのフラットベンチ』の足は『固定式』のです。

最近では足が折り畳めるタイプのモノが多く、人気も高いです。

 

ですが、ボクは折り畳みタイプのフラットベンチは「過度なトレーニングで足が曲がる部分がダメになっちゃうんじゃないかな…」と考えて、あえて固定式を選びました。

 

ここからが購入した感想ですが、他のフラットベンチよりも若干重量がある分、「これはしっかりしているな!」と思えたのが、持った時の印象です。

また、組み立ててみると、ベンチの足の部分も太く、ちょっとやそっとじゃ壊れることはまずないかと思えるほど丈夫です。

 

そして、前回使っていたフラットベンチは少し体重をかけるとマットが少し傾いて「頼りない」感じがありましたが、『ピュアライズのフラットベンチ』はがっちりと体を支えてくれます。

 

マットがしっかりしていて、体に負担がかからない

分厚くてしっかりと体を支えてくれるマット!

腰が痛くならなくて済みます!

 

『ピュアライズのフラットベンチ』のマットであれば、長時間のトレーニングも全然可能です。

マットの感じ的に「フカフカ」というわけではなく、「体重をかけると若干沈む」といった感じです。

 

沈みすぎると逆にトレーニングフォームが崩れたりしますから、「これぐらいしっかりしていたほうがトレーニングしやすい」といった丁度よいマットになっているかと思います。

中には「じゃあ、マット固いんじゃない?」と思うかもしれませんが、そういうことではなく「しっかり腰や背中を支えてくれる硬さで、体に負担がかからないマット」という感じですね。

 

このマットに関しては、結構ボクの中で高評価だったりします。

 

先端部は少し不安かも…

 

『ピュアライズのフラットベンチ』の先端部分は補強してあると商品説明で書かれています。

でも、ドラゴンフラッグをした感じだと「マットが折れないかな」と心配になりました。

 

ボクはいくつかフラットベンチを使ったことがありますが、確かに他のモノに比べると「丈夫かな」といった印象はあります。

それでも頻繁に先端に負荷をかけていたら「マットがポッキリいっちゃうかもな」と思ってしまいます。

 

たぶん、本当に高価なフラットベンチでない限り、こういった心配は尽きないとも考えられます。

なので、「同価格のモノの中では丈夫」と思ってもらえればと思います。

 

ダンベルがかけづらい…

 

『ピュアライズのフラットベンチ』のサブ的特徴が「ダンベルをセットできる」です。

確かに部屋が狭かったり、「ダンベルが転がるのが嫌」という方には良い機能だと思います。

 

でも、セットする位置的に仕方がないのかもしれませんが「なかなかハメ込みづらい…」です。

だから、トレーニング中に「外して、つけて」を繰り返すのは面倒になるかもしれません。

 

ですので、トレーニングが終わったら、ダンベルをフラットベンチにセットする感じになるかと思います。

※本来、そういう使い方なんでしょうけどね。

 

でも、まぁ正直、この機能は大して重視するモノではないので、他のスペックで満足なので、そこまで気にならないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

フラットベンチを選ぶポイント

 

最後にフラットベンチの選び方について簡単に書いていきます。

ボクがフラットベンチを改めて購入するとしたら、下のことを意識します。

・足が折りたためるか、固定式なのか

・耐重量はどれくらいか(足がしっかりしているか)

・先端部が補強されているか

・マットは長時間の使用は可能か(柔らかいか)

・コスパは良いか

 

ここら辺を意識して、商品のレビューを確認してみると、購入後に後悔することが減るかと思います。

 

ちなみにフラットベンチの種類には下のようなモノがありますので、自分の目的に合ったモノを購入してみてください!

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント