サケ缶で老眼が改善される!?【アスタキサンチンの働き+効果的な食べ合わせ】

健康・美容

2019年2月12日『この差って何ですか?』。

 

『サバ缶』は手軽に食べられて、安価で栄養価が高く、健康食品として認知されてきていますよね。

 

でも、その認知度ゆえにスーパーなどではサバ缶が品切れになってることって多いんですよね。

 

「健康に良い缶って他にないのかな?」とお考えの方も多いかと思います。

 

そんな方の中には”老眼”で悩まれている方がいれば、『サケ缶』を試してみるのが良いかと思います。

 

本記事では『この差って何ですか?』で紹介された情報をまとめてみようと思います。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

ちなみに番組では、女優の早見優さん(52歳)の老眼が劇的に改善されたとのことなので、なかなか効果が期待できそうです。

 

スポンサーリンク



なぜ、老眼になるの?

 

まずは老眼になる理由を書いていきます。

 

目には『毛様体筋』と呼ばれる目の水晶体の厚みを変えるピントを合わせる筋肉があります。

 

ですが、歳をとると、目の中に”活性酸素”が増え、その活性酸素が毛様体筋を攻撃します

 

その攻撃によって、毛様体筋の働きが低下してしまい、水晶体の厚みを変えられなくなってしまいます。

 

その結果、モノをみるときのピントを合わせることがしづらくなって、老眼になるんだって!

 

活性酸素ってホントよく聞きますよね…。

体に悪すぎでしょ…。活性酸素…。

 

サケ缶のアスタキサンチンが老眼を改善!

 

サケ缶に含まれている『アスタキサンチン』は老眼の原因になる『活性酸素』を減らす働きをします。

 

その結果、毛様体筋の機能が回復して、目のピントを合わせられるとのこと。

 

このアスタキサンチンの働きが実感ができる目安は…。

1日1缶を”2週間”食べる

 

2週間食べ続けると、老眼の改善が実感できるんだって!

 

また、そのサケ缶と『ごま油』の食べ合わせによって、老眼の改善効果が高まるんだって!

 

理由はサケ缶に含まれるアスタキサンチンは油と一緒にとると溶け出す

 

そして、アスタキサンチンが液状になることで腸での吸収率が高まるそうです。

 

それだけではなく、吸収されたアスタキサンチンは血管を通って目にたどり着くが、その道中で活性酸素と戦い、目にたどり着くまでに減っていってしまう

 

だけど、ごま油に含まれる『セサミン』がアスタキサンチンを保護してくれる

 

これにより、より多くのアスタキサンチンを目に届けることができるようになるとのこと。

 

ちなみに『早見優さん』はごま油とサケ缶でサケフレークをつくり、ごはんやサラダにかけて召し上がっていました。

 

かなりおいしそうに召し上がっていました。

『サケ缶+ごま油』は最強コンビネーション!

老眼の改善をさらに高めたい方は試してみてください!

 

スポンサーリンク

おまけ:老眼チェック

 

本番組で紹介された老眼チェックは下のとおりです。

1.目の前に人差し指(内側)が見える状態にする。

2.人差し指の指紋がきちんと見える状態になるまで、目から指をはなしていく。

この距離が30cm以上ある場合は老眼である。

※老眼鏡は外し、眼鏡やコンタクトの場合はつけたままで行う。

 

目と指の距離が離れるほど、老眼の進行が進んでいる証拠!

 

最後に

 

世間では「サバ缶!サバ缶!」なんて騒がれていますが、それ以外の魚缶も結構食べるメリットがあるんですよね。

 

ここでは『サケ缶』に触れましたが、老眼改善に期待できるという缶もあるわけです。

 

老眼で悩まれているご高齢の方はたくさんいらっしゃいますから、そんな方が近くにいる場合は『サケ缶+ごま油』の組み合わせを紹介してあげてください。

 

スーパーでサバ缶を血眼なって探されている方は『サケ缶』を試してみてください。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント