【名医のTHE太鼓判】バナナの健康効果~血管の若返り&尿酸値を下げる!

名医のTHE太鼓判!

2019年6月17日に放送された『名医のTHE太鼓判!』。

 

本番組ではバナナの健康効果について紹介されていました。

きっと「バナナにはたくさんの食物繊維が含まれているからお通じが良くなるだけでしょ?」なんて考えている方もいるかもしれません。

 

いやいや、バナナの健康効果は意外とスゴイです!

なので、ぜひ気になる方は最後まで読んでいってください。

 

スポンサーリンク



バナナの健康効果

 

ここではバナナの健康効果について書いていきます。

 

バナナを食べると寝つきが良くなる!?

 

夜寝つきが悪い方はにはバナナがオススメなんです。

というのも、バナナには”トリプトファン”というアミノ酸があり、脳で『セロトニン』という睡眠誘導物質に変わると言われています。

 

バナナが突然死のリスクを下げる

 

バナナを日ごろから食べていると脳血管障害のリスクのリスクが下がると言われています。

その理由として、バナナに含まれる”カリウム”が血液を固まりにくくするからなんだそうです。

また、カリウムは体の中の”余分な塩分を排出”を促してくれるので、血圧を下げる作用もあるんだそうです。

そのため、血管を柔らかくして、血管年齢を若返らせてくれるんだそうです。

 

夏は特にバナナがおすすめ!

また、脳血管障害のリスクは気温が30℃以上になると高まるため、”夏”が最も多いと言われています。

というのも、体温が高くなると熱を下げようと、大量の汗を出し、体内の水分が減り、血液がドロドロになってしまうかららしいです。

その結果、夏で最も多いのが脱水によりできた血栓が原因なんだそうです。

 

なので、夏こそバナナを食べてほしいといえるのです。

 

バナナの皮で血管が若返る!?

 

バナナの皮の中には『抗酸化作用』や『抗炎症作用』があるような”ポリフェノール”が含まれているんだそうです。

そのほかにも、カリウムはもちろん、食物繊維やオリゴ糖、トリプトファンなどが豊富に含まれています。

 

なので、バナナは皮ごと食べたほうが良くて、”国産のバナナであれば皮ごと食べることができる”んだそうです。

 

海外で生産されるバナナは輸送までに時間がかかるため、樹液を吸うことができません。

そのため、樹液をすべて吸収する前に収穫してしまうため、結果皮が厚いままになってしまいます。

※小学校の勉強でバナナは青い状態で輸出されることで、害虫被害を受けないようにしていると学びましたよね!

 

ですが、国産のバナナは出荷ギリギリまで樹液を吸うことができるため、実が大きくなり、皮が薄くなるんだそうです。

 

ちなみに、バナナの皮に含まれるポリフェノールの量は、実と比べてみると約10倍以上も多く含まれているとのこと。

 

バナナで尿酸値が下がる

 

バナナは痛風などの原因になる尿酸値を下げる働きが期待できるんだそうです。

 

バナナは尿をアルカリ性に傾けてくれて尿酸値を下げてくれる働きがあります。

そのため、痛風の方なんかは痛風が起きにくくすることができるといえます。

 

番組では芸人コンビ『かまいたち』のお二方が”食生活を変えずに朝昼晩のどこかで2本食べる”という生活を1週間行いました。

その結果が下のとおりです。

山内:7.9 → 7.6(-0.3)

濱家:10.2 → 8.3(-1.9)

 

尿酸値というのはそんな簡単に下がるモノではないらしいです。

なので、濱家さんに関しては「薬を飲んだレベル」の改善だと医師の方もおっしゃっていました。

 

バナナを食べるタイミング

 

バナナは”皮に黒い斑点ができてから食べる”が良いんだそうです。

バナナの皮にできる黒い斑点は『シュガースポット』と呼ばれ、そのシュガースポットの正体はポリフェノールなのです。

 

そのシュガースポットが出たバナナはそうでないモノと比べて、ポリフェノール量は約2倍になっているんだそうです。

※ポリフェノールが多いと言われる『ブドウ』のおよそ2倍近くになるんだそうです。

 

なので、熟したバナナは甘さが増えただけではなく、突然死も予防できる素晴らしい果物だといえますね。

 

スポンサーリンク

理想的なバナナの保存方法

 

バナナは”冷凍保存”が良いそうです。

 

熟しすぎたバナナは逆にポリフェノールなどの栄養素が下がってしまいます。

収穫後のバナナも呼吸をしており、冷凍することによって呼吸を止めることができ、痛みを防ぐことができるとのこと。

 

ですので、”シュガースポットが出たバナナを食べやすい大きさに切って冷凍する”すると、栄養価が高い状態をキープすることができるんだそうです。

※およそ1か月間の保存が可能。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント