【名医のTHE太鼓判】太らない炭水化物の食べ方~ウマイおにぎりの作り方

名医のTHE太鼓判!

2019年7月1日に放送された『名医のTHE太鼓判』。

 

本番組では『太らない炭水化物の食べ方』が紹介されていました。

ですので、本記事ではここでまとめておこうと思います。

 

スポンサーリンク



血糖値が上がらない炭水化物の食べ方

 

炭水化物を食べる際は”冷ます”と良いそうです。

ご飯も冷ましたほうがいいし、具材が同じラーメンと冷やし中華でも温度が低いほうが血糖値の上がらないことは番組で証明していました。

 

『デンプン』→『レジスタントスターチ』

 

炭水化物には『デンプン』が入っています。

そのデンプンは冷えることで”レジスタントスターチ(難消化性デンプン)”に変化します。

 

デンプンがレジスタントスターチに変わると消化が緩やかになります

というのも、レジスタントスターチは消化されにくいデンプンということでして、小腸で吸収されないまま通り抜けます

その結果、吸収されないことで血糖値も上がらないというわけです。

 

レジスタントスターチはご飯の場合、炊き立てのご飯を1時間常温で放置すると約1.5倍増えるんだそうです。

なので、炭水化物を食べる際は冷蔵庫などで冷やして食べると肥満・血糖値上昇の予防になるかと思います。

 

冷めても美味しい『おにぎり』の作り方

 

「ご飯はやっぱり炊き立てで食べたい…」

と考える方も多いかと思います。

 

ですが、それだとデンプンがレジスタントスターチにならないので、そのまま吸収されてしまいます。

ですので、ご飯を冷めても美味しい食べ方にするといった工夫を普段からしたほうが良いわけです。

 

そこで番組では『冷めても美味しいおにぎりの作り方』が紹介されていました。

美味しいおにぎりの作り方は下の通りです。

・炊きあがったばかりのご飯を切るようにほぐしていきます。

※ご飯の余分の水分を飛ばすため。

・握るポイントは『握らない』。ふんわりと形を整えるようにして、丸い形にしていく。

※握るとお米がつぶれてしまい、冷めたときにお餅のように固くなってしまう。

 

ご飯はおにぎりなどにして、冷めても美味しく食べるような工夫をしてみるとよいかと思います。

もちろん、ほかの炭水化物も冷ましたほうが良いので、工夫してみてください。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント