【名医のTHE太鼓判】血管年齢を若返らせるNOを作り出す方法

名医のTHE太鼓判!

2019年5月20日の『名医のTHE太鼓判!』。

 

年齢を重ねるごとに血管によるリスクが高まっていくと言われています。

なので、血管年齢を意識した生活がとても大切であるといえます。

 

ですので、本記事ではその血管年齢を若返らせる『NO』という物質について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



血管年齢を若返らせる『NO』とは

 

NOとは別名『一酸化窒素』と呼ばれ、血管の内側から出て血管を柔らかくする物質のことです。

NOの量が多いほど血管が柔らかく、血管拡張率が高くなることで血流が良くなるんだそうです。

※血管内でのNOの働きが発見され、1998年にノーベル賞を受賞により注目を集める。

 

なので、NOの分泌が悪くなると、それだけ血管の拡張率が低くなるので、血管によるリスクが高くなってしまうというわけです。

 

NOを出にくくする食生活

 

名医のTHE太鼓判!で紹介された『NOがでにくくなる食生活』は下のとおりです。

・脂身の食べすぎる

・塩分を摂りすぎる

・食べてすぐに寝る

 

上は「THE 不健康な食生活」って感じですよね。

 

そして、上がNOの分泌を下げる理由を簡単に書いていこうと思います。

 

脂身の食べすぎる

脂身を摂りすぎると血中のコレステロールが上がる。

そして、血中のコレステロールが上がるとNOの分泌の妨げになるとのこと。

 

塩分を摂りすぎる

血圧も上がることで、NOも分泌されにくくなってしまう。

 

食べてすぐに寝る

食べてすぐ寝ると『血糖値スパイク』が起きる。

そうすると血管に傷がついて、それが原因でNOの分泌を妨げることになるとのこと。

 

NOの分泌を促す方法

 

名医のTHE太鼓判!の放送では、ここで紹介する方法を二人の主婦の方が1週間試したところ、血管拡張率の基準値を見事満たすことができました。

 

なので、血管が気になっているという方は手軽にできるのでぜひ試してみてください。

 

体に水圧をかける

 

海女さんたちのほとんどが血管年齢が若いということが分かっているそうです。

その理由として、日常的に行っている『素潜り』でNOがたくさん分泌されるからなんとか。

 

加えて、素潜りなどの体に水圧がかかると末梢神経にも圧力がかかり、その後水面に上がるときに圧力が解放され、血流量が増え、NOが多く出るからなんだそうです。

※身近なモノで例えると、正座をしていてそのあと足を崩すと、1分程度で気持ちよくなるかと思いますが、あの時にNOが分泌されている。

 

この素潜りと同じ効果を得るために日常的にできる方法として…。

”お風呂の中でグーパー運動”

なんだそうです。

 

お風呂の中に入ると水圧がかかります。

その中で手足をグーパーすると同じような効果が得られるんだそうです。

 

そして、そのやり方は下の通りです。

1.お風呂でゆっくりと強く拳を握ると血管に圧力がかかります。

2.一気に拳を開くと、血管の圧力が解放される。

 

注意してほしいのに”熱いお風呂ではしない”ということです。

なので、41℃以下のお湯でやるようにしましょう。

 

『イワシ』を食べる

 

イワシにはNOのもとになる『アルギニン』が豊富に含まれています。

アルギニンを摂取すると血管の内側に摂りこまれ、細胞内でNOを作りだす。

※アルギニンとは魚介類に含まれるアミノ酸の一種です。

 

また、イワシにはアルギニンの他に『DHA』やNOを減らす悪玉物質を抑制してくれる『EPA』なども豊富に含まれています。

※アルギニンの含有量はアジ(1200mg)とイワシ(1900mg)です。

 

そして、イワシの栄養を簡単に摂る方法として『イワシの缶詰』を使うとよいかと思います。

なので、1日1缶で1日の目安量を満たせるので、心がけて食べるようにしましょう。

 

加えて、イワシと一緒に食べるとNOが増える食材は『きゅうり』です。

アルギニンだけではなくて、きゅうりと一緒に食べるとより効果が高まると言います。

その理由はきゅうりに含まれる『シトルリン』は体内でアルギニンに変わると言われているからなんだそうです。

 

ですので、血管年齢を気にされている方はぜひ、イワシ缶ときゅうりを食生活に取り入れてみてください!

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント