【名医のTHE太鼓判】抹茶とカテキンの健康効果~ダイエット効果もあるってマジ?

名医のTHE太鼓判!

2019年7月1日に放送された『名医のTHE太鼓判』。

 

本番組では『抹茶』について紹介されていました。

抹茶は健康効果が高く、その中でも『脂肪の吸収を抑えられる』という情報がありましたので、気になる方も多いと思います。

 

ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク



抹茶の『カテキン』の健康効果

 

抹茶に含まれる健康効果を持つ成分『カテキン』。

抹茶をよく飲む島根県は100歳以上のご長寿が日本一多いんだそうです。

 

そんなカテキンは下のような健康効果が期待できます。

・脂肪吸収を抑える

・ガンの予防

・コレステロールを下げる

・虫歯・口臭予防

 

また、脂肪の脂肪の吸収を抑えるについて簡単説明します。

通常、脂肪を含む食べ物を食べると小腸まで流れ、そこで『脂肪分解酵素』によって分解され、体のエネルギーになります。

このエネルギーが蓄えられて、人の体に脂肪がたまっていってしまいます。

 

ですが、カテキンを一緒に摂ると『脂肪分解酵素』の働きを抑えるため、脂肪は分解されてエネルギーに変わらずに、そのまま体外に排出されるとのこと。

 

カテキンを摂ると食事などで摂ったお肉とかの脂肪が吸収されないんですね!

お肉好きなんかにはたまらない成分ですね♪

 

抹茶とは

 

実は抹茶の原料は普段飲まれている『煎茶』と同じ茶葉なのです。

なので、『抹茶』と『煎茶』は”作られる工程””栽培方法”が違うということになります。

 

抹茶と煎茶の作られ方

 

煎茶は『揉み』と呼ばれる工程で細かな傷をつけられます。

それにより、急須で注いだ時に成分が抽出されやすくなります。

 

抹茶は石臼で粉末にしたモノです。

これにより、お湯に溶かして飲めるようにしたのが抹茶なのです。

 

抹茶と煎茶の栽培方法

 

煎茶は一般的な畑で栽培されます。

 

ですが、抹茶は黒布を被せ、太陽の光を浴びさせないように栽培します。

そうすることで、茶葉は少ない光を有効利用して光合成を行えるように、葉緑素が集まるんだそうです。

※抹茶のほうが茶葉の色が濃いです。

 

抹茶と煎茶の栄養の違い

 

1杯当たりのカテキン量は…。

煎茶:0.15g

抹茶:0.26g

 

なぜ、抹茶には煎茶よりも2倍近くカテキン量が多いのかというと、抹茶は茶葉丸ごと摂取できるからなんです。

煎茶は急須の中で60%が抽出されませんが、抹茶は茶葉を粉末にしたモノなので100%摂ることができるわけです。

 

スポンサーリンク

カテキンの効果的な摂り方

 

名医のTHE太鼓判では『カテキンの効果的な飲み方』が紹介されていました。

ここでは、それについて書いていきます。

 

水出し抹茶

 

抹茶と水をペットボトルなどに入れて振るだけ!

 

抹茶を一気に摂るよりも少量を回数に分けて摂ったほうが良いんだそうです。

抹茶を飲む目安として…。

コップ半分(100ml)を2~3時間おきに飲む。(1日10回まで)

 

細かく抹茶を飲んだほうが、血中のカテキン有効値を維持できるんだそうです。

だから、一気に抹茶を飲んでガッと上げても、少し経てばなくなってしまうらしいので、細かくとりましょう。

 

鯛の抹茶漬け

 

番組では抹茶を使ったお茶漬けが紹介されていました。

そのお茶漬けの作り方は下の通りです。

1.ご飯に刺身の鯛を乗せる。

2.1の上に抹茶をかける。

3.薄口醤油で味付けをする。

4.熱湯を注ぐ。

 

お茶漬けのお茶に『抹茶』を使うとか新しいですね!

お茶のサッパリした苦みと塩っけは結構合うような気がします♪

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント