【名医のTHE太鼓判】注目の道の駅~凍みこんにゃく&甘酒を紹介!

名医のTHE太鼓判!

2019年7月1日に放送された『名医のTHE太鼓判』。

 

本番組では『道の駅』の話をされていました。

そして、その道の駅の中で2つの場所が紹介されていました。

 

その内容について本記事でまとめておこうと思います。

道の駅巡りが趣味の方はぜひ、酔ってみてください!

 

スポンサーリンク



茨城県大子町にある『幻のこんにゃく』

 

茨城県大子町には『幻のこんにゃく』があるとのこと。

 

こんにゃく自体には、もともと食物繊維が豊富で『整腸作用』が期待されています。

 

そんなこんにゃくが茨城県にある道の駅『奥久慈だいご』には20種類以上も販売されています。

そして、大子町産のこんにゃくは”柔らかさ”が特徴的です。

 

その中でも幻と呼ばれるほどの健康効果の高い『凍みこんにゃく』が注目されています。

 

凍みこんにゃくとは

 

上が番組で紹介された『凍みこんにゃく』でして、これを簡単に説明すると「水分を抜いたこんにゃく」です。

 

この凍みこんにゃくは一般に知られているこんにゃくと手間が違います。

下のような手間をかけ作られているんだそうです。

1.屋外に並べる

2.12月~2月の寒い時期に、水をかけて凍らせる。

3.季節の昼夜の寒暖差を利用して、冷凍と解答を繰り返す。

4.水分を徹底的に飛ばせば、栄養価の高いこうにゃくができる。

 

凍みこんにゃくの栄養価

 

凍みこんにゃくの食物繊維の量は、一般のこんにゃくと比べてみても途轍もなく多いことが分かります。

 

どれくらい一般のこんにゃくとの栄養価が違うかというと…。

・食物繊維:約32倍

・タンパク質は:約33倍

・カルシウム:約37倍

 

番組では「茨城県大子町近隣に住む人たちは便秘になりにくい」と言っていました。

それはこの凍みこんにゃくを普段から食べているからなのかもしれません。

 

凍みこんにゃくの食べ方

 

凍みこんにゃくの食べ方は簡単です。

番組では下のような食べ方が紹介されていました。

1.水で戻す。

2.醤油。砂糖・みりんで味をつける。

 

この作り方で他の具材と合わせて『煮つけ』にするんだそうです。

また、上の過程に加えて『衣をつけ、揚げる』をすると凍みこんにゃくのフライができます。

 

発酵食品専門の道の駅『発酵の里こうざき』

 

千葉県神崎町は江戸時代から酒どころとして有名でした。

そんな神崎町には日本で唯一の発酵食品を専門に扱った道の駅『発酵の里こうざき』があります。

 

『発酵の里こうざき』には味噌や納豆などさまざまな発酵食品が販売されています。

その『発酵の里こうざき』には神崎町人口「6,087人」なのに対して、年間来所者は「約77万人(127倍)」といった超人気な道の駅なのです。

 

中でも注目なのが『米麹』です。

 

米麹の栄養価

 

米麹とは「米の麹菌で発酵させた食品」です。

 

麹には30種類以上の酵素が含まれていて、その酵素とは栄養の吸収を助けてくれる働きがあります。

また、善玉菌の増殖を助けてくれる働きも期待できます。

 

ですので、米麹は腸内環境を整えて免疫力をアップしてくれる優れた食品だといえるのです。

 

飲む麹『甘酒』

 

番組では飲む麹『甘酒』が紹介されていました。

 

例えば、下のようなモノが甘酒になります。

毎日飲む糀 PLAIN (甘酒) 500ml

毎日飲む糀 PLAIN (甘酒) 500ml

1,080円(02/24 18:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

甘酒とは「米麹と米を一緒にして発酵させたモノ」です。

そんな甘酒は点滴と成分が似ていることから『飲む点滴』と呼ばれ、それだけ栄養価の高い飲み物だということになります。

 

甘酒ってかなり栄養価の高い飲み物だったんですね!

甘酒が好きな方はぜひ、健康のためにも飲んでみてください♪

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント