【名医のTHE太鼓判】『玉ねぎ』の血管若返り効果を高める方法

名医のTHE太鼓判!

2018年10月29日に放送された『名医のTHE太鼓判!』。

 

本番組では『血管の若返り』について放送されており、「玉ねぎが血管の若返るに適している」といわれていました。

なので、本記事では番組の血管の若返りについてまとめていこうと思います。

 

 

本来、人はしなやかな血管を持って生まれてきます。

加齢に伴って、血管はしなやかさを失い、厚く硬くなっていってしまうんだそうです。

 

それにより、血管が折れやすくなり、厚生労働省の調査によると、50代になると40代の頃に比べて、虚血性心疾患や脳血管疾患のリスクが約3倍近く高まるんだそうです。

 

スポンサーリンク



血管を若返らせる最強食材『玉ねぎ』

 

名医のTHE太鼓判では血管を若返らせる最強食材は『玉ねぎ』だと紹介していました。

確かに、血液をサラサラ効果があることは有名ですので、ほとんどの方はご存知かと思います。

 

ここではそんな玉ねぎの栄養についてと、その栄養に高める方法をここで書いていきます。

 

ちなみに、玉ねぎの食べる量の目安として”1日1個(約200g)”なんだそうです。

 

『天日干し』で玉ねぎの血管の若返り成分UP

 

玉ねぎには『ケルセチン』という成分が含まれており、血管の老化予防の働きが期待できます。

そんな玉ねぎに含まれるケルセチンの量はは”天日干し”すると増えるとのことです。

 

1週間天日干しした玉ねぎとそのままの玉ねぎを皮をむいて比較してみると、天日干しをしたほうの玉ねぎは緑色になっているんだそうです。

この緑色になったことでケルセチンの量が増えた証拠だといえるのです。

※1週間程度、紫外線を与えると、ケルセチンの量は”4倍も増える”んだそうです。

 

ケルセチンの働き

活性酸素は体内に入ったウイルスと闘い、体を守る働きがあります。

ですが、過労やストレス、睡眠不足などにより活性酸素が活性しすぎると血管を硬くしてしまいます

 

そんな活性酸素をケルセチンは減らしてくれる働きが期待できるのです。

 

ご自宅で玉ねぎの簡単にケルセチンを増やす方法

玉ねぎのケルセチンを増やす方法として、”玉ねぎの皮をむいて、日の当たるところに1週間置いておく”があります。

そうすると、玉ねぎの表面が緑色になり、ケルセチンが増えた状態となるのです。

 

ケルセチンを効率よくとる方法

みそ汁に玉ねぎを入れ、加えて『チーズ』を加えるんだそうです。

チーズにはLTP(ラクトトリペプチド)が含まれており、この成分が血管を開いて血圧を下げる効果が期待できるんだそうです。

 

また、ケルセチンは脂に溶けやすい性質を持っているので、チーズの脂と一緒に食べることで吸収率が高まるのです。

 

玉ねぎの調理法

 

ここでは玉ねぎの栄養を高める調理法について書いてきます。

 

玉ねぎのうま味を出す切り方

玉ねぎの栄養を効率的に摂る切り方として、”玉ねぎの繊維に対して直角に切る”があります。

こうすると、玉ねぎの細胞を壊しながら切ることになるので、うま味・辛み成分がでるようになるんだそうです。

 

玉ねぎを切った後にすること

玉ねぎの辛み成分を血液サラサラ成分に変える方法として、玉ねぎを切ったら”冷蔵庫に20分入れる”なんだそうです。

 

玉ねぎの辛みになっているのは『硫化アリル』です。

その硫化アリルは空気に触れることによって、血液サラサラ成分『アリシン』にかわるんだそうです。

 

玉ねぎを直角に切り、表面に出た辛み成分を空気に触れさせる。

これが玉ねぎの血液サラサラ効果を存分に発揮する工夫なんですね!

 

玉ねぎと組み合わせたい調味料『お酢』

 

名医のTHE太鼓判!ではめんつゆに『三杯酢』を入れ、玉ねぎを加えた万能タレが紹介されていました。

お酢に含まれる『酢酸』は血管を広げて、血流をスムーズにしてくれるんだそうです。

 

『玉ねぎが血液をサラサラにし、お酢で血管を広げる』。

ダブルの効果で血管を若返らせるのです。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント