【ソレダメ!】骨を強くする方法【骨を丈夫に強化すると骨粗しょう症・糖尿病・認知症の予防になる】

ソレダメ!

2019年2月27日に放送された『ソレダメ!』。

 

年齢を重ねるとともに”骨の衰え”が気になってきている方も多いかと思います。

 

骨の衰えていくと、骨の密度がなくなったりして『骨粗しょう症』になってしまうなんてこともあります。

 

そうなると、骨折がしやすくなったりと、生活をしていくうえで致命的なダメージとなってしまうなんてこともあり得るのです。

 

それだけではなく、骨が衰えると『糖尿病』になりやすくなったり、『動脈硬化』の原因になったりするんだとか。

 

それらの原因に『骨ホルモン』が関係していると言われています。

 

スポンサーリンク



骨ホルモンとは

 

骨ホルモンとは、骨から分泌されるタンパク質の一種です。

 

この骨ホルモンが減ってしまうことで体に悪影響がでてしまうし、増やすことで糖尿病予防動脈硬化予防はもちろん、現在社会問題にもなっている『認知症』の予防効果にもなるんだとか。

 

その理由として、骨ホルモンには脳の神経細胞を活性化させ、記憶力や認知機能をたかめるとういう実験結果もあるからです。

 

脳には”海馬”と呼ばれる組織があり、骨ホルモンが血液の中を流れて脳に達することで、記憶力が上げ、認知機能を浴することで認知症を予防できる。

 

その骨ホルモンを増やす方法は…。

”骨を強くする”

なんだそうです。

 

骨の密度が高くなると骨が強くなるし、骨ホルモンも増える。

骨を強くすることはメリットが大きいので、何としても強くしたいところ!

 

 

骨を強くする方法

 

一般の方はよく「骨を強くする」方法として、「乳製品や魚などを食事に取り入れればいいんでしょ」という考えを持たれている方も多いかと思います。

 

ですが、実際は牛乳や魚などは骨の材料になりますが、直接的に骨を強くするわけではありません。

 

なので、ここでは正確な「骨を強くする方法」について書いていきます。

 

まず、『骨ホルモン』は骨が破壊され再生するときに生み出されるのです。

 

ですが、年齢を重ねると骨の破壊と再生の速度が遅くなり、結果的に骨粗しょう症になってしまうわけです。

 

なので、骨の破壊と再生を活発にすることが大切なのです。

 

そして、骨の破壊と再生を速める食べ物として『みかん』が挙げられます。

 

その理由として、みかんに含まれる『β-クリプトキサンチン』が骨の破壊と再生を促し、スピードアップしてくれるんだそうです。

 

そのみかんの品種の中でも『温州みかん』が群を抜いて豊富に含まれているんだそうです。

※オレンジ(210μg)に対して、温州みかん(1700μg)約8倍!!

 

骨を強くする食べ物が『みかん』とか意外過ぎますよね。

温州みかんが一番良いのですが、手に入らなかったらオレンジでβ-クリプトキサンチンを摂っておくとよいかと思います!

 

 

スポンサーリンク

お風呂に浸かると骨が強くなる!?

 

骨の破壊と再生のスピードは”体温が高い”ときに速くなります。

 

なので、体温を常に高めておくことが大切なわけです。

 

そして、1日に最も体温が低い朝に”朝風呂”をすると骨も強くなって、快適に過ごせるようになるんだとか。

 

ちなみに、人の体温基準値は36~37℃で、36℃を下回ると骨作りが低下してしまうそうです。

 

 

骨ホルモンは『ビタミンK』がないとうまく働かない?

 

せっかく骨ホルモンを分泌できても、上手く働かせられなければ意味がありません。

 

なので、骨ホルモンの働きを活性化させるには『ビタミンK』とよいとのこと。

 

そのビタミンKを多く含んでいて、効率よく摂取できる食べ物は『納豆』なんだそうです。

 

中でも『ひきわり納豆』が良いんだそうです。

※ひきわり納豆に含まれるビタミンKの量は粒納豆の1.5倍、ほうれん草の4.5倍、小松菜の4.5倍。

 

その理由はひきわり納豆は細かく割ってから発酵させるので、納豆菌の付着させる表面積が大きくなり、より発酵して、ビタミンKの量が増えるからなんだそうです。

 

 

スポンサーリンク

骨を強くする運動は?

 

骨を強くするには、「骨の破壊と再生」が必要と説明しました。

 

その「骨の破壊と再生」を促すには、骨に刺激を与えるとよいんだとか。

 

そして、骨を強くする運動でオススメなのが…。

”ジャンプして着地する運動”

なんだそうです。

 

確かにジャンプして着地すると足はもちろん、体全体に衝撃がはしりますからね。

納得ですね!

 

そして、番組の先生がオススメしていたのが『かかと落とし』です。

 

かかと落としのポイント背筋を伸ばし、かかとを上げ、勢いよく下す

 

この運動をするだけで、頭から指先まで全身の骨に刺激を与えることができる。

 

どこででもできるので、お勧めかと思います!

 

 

最後に

 

本記事での「骨を強く、骨ホルモンを活発にさせる」まとめは下のとおりです。

・骨ホルモンを生み出すには”骨を強くする”

・骨の破壊と再生を高める食べ物は”みかん”

・骨の破壊と再生をスムーズにするには”体温を高める”

・骨ホルモンの働きを活発にするには”ビタミンK”を摂る。

”かかと落とし”で体全体の骨に刺激を与えられる。

 

ぜひ、あなたも骨を強くして、健康的な体作りに励んでみてください!

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント