【ソレダメ!】イカの美味しく調理する方法&レシピ【疲労回復に最適です】

ソレダメ!

2019年6月5日に放送された『ソレダメ!』。

 

夏に近づくにつれ、どんどん暑さが増し、体がバテやすくなっているなんていう方もいるかと思います。

そんなバテやすい状況で注目されている栄養素『タウリン』。

そして、タウリンが含まれている食材『イカ』の調理方法について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



タウリンの効果

 

タウリンと聞くと”肝臓の機能を高める働きがあることから、疲労回復の効果が期待できる”が想像できるかと思います。

だから、疲れているときにタウリンが入った栄養ドリンクを飲まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

それだけではなく、農林水産省のホームページではタウリンの働きは下のように記されています。

・血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす。
・血圧を正しく保ち、高い血圧を下げる。
・肝臓の解毒能力を強化。アルコール障害にも効果的。
・インスリン分泌を促進し糖尿病の予防・治療に有効。
・視力の衰えを防ぎ、新生児の脳や網膜の発育を助ける。

引用:農林水産省

 

これを見るだけでもタウリンのスゴさが分かるかと思います。

ですので、タウリンはしっかり摂っておきたいところではあるわけです。

 

イカ料理のレシピ【調理法テクニック】

 

ソレダメ!では、タウリンを摂るのに打ってつけな食材は『イカ』だと紹介されていました。

イカは高タンパクで低脂肪なので、カロリーを気にせず栄養が取れる嬉しい食材だったりするので、ぜひ美味しくいただきたいわけです。

 

そして、ここではソレダメ!で紹介されていた『イカを美味しく食べるテクニック』を紹介していましたので、ここでまとめておこうと思います。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

イカの刺身

 

まずはイカの食べ方の定番『イカの刺身』です。

ちょっとしたことで、イカの刺身を美味しくできるそうです。

 

下がソレダメ!で紹介されていたイカの捌き方です。

1.頭をはずす。

2.皮をむく。

3.胴体を開いて、骨と内臓をとる。

4.繊維(横向き)と反対に縦に切る。

 

また、イカの刺身を食べるときは、醤油ではなく『マヨネーズ』がおすすめなんだそうです。

というのも、マヨネーズに含まれる『お酢』も疲労回復に効果が期待できるんだそうです。

 

イカのかき揚げ【油がはねないようにする方法】

 

次に『イカのかき揚げ』です。

 

イカのかき揚げを作る際に面倒なのが、油が跳ねることですよね。

その油のはねを防ぐ方法として、かき揚げに使うゲソは”フリーザーバッグに入れ、冷凍保存しておく”といいんだそうです。

つまり、”凍ったままにして油で揚げると油はねがない”んだそうです。

 

補足!

イカの身には薄皮が張っており、身と皮の間には空気の層があります。

なので、本来であれば熱を加えることで、空気が膨張して破裂することで油跳ねが引き起こされます。

ですが、凍ったまま揚げると油の温度が下がり、急激な温度変化が起きなくなり、結果爆発せず油が跳ねることがないんだそうです。

 

そして、ソレダメ!で紹介されていた『イカのかき揚げ』の作り方は下の通りです。

1.凍ったゲソをサイコロ状に切っていく。

2.塩、小麦粉、そこに片栗粉をまぶして、タマネギと卵を入れて混ぜ、それを揚げる。

 

いかの一夜干し【イカの焼き方】

 

美味しく作れると嬉しい『いかの一夜干し』です。

 

グリルで焼く時によく失敗してしまうのが”焼きあがったときに硬くなってしまう”ですよね。

この失敗を回避するテクニックとして”焼く前に先に切っておく”なんだそうです。

 

イカを丸ごと焼くとイカは部位によって厚みがバラバラなので、火の通りが均一にならないんだそうです。

それにより、部分によっては熱が加わりすぎて、硬くなってしまうのです。

ですが、先に切っておけば、火の入り具合を確認できるので焼きすぎることがなくなるんだそうです。

 

そして、ポイントが”焼く時間”でして、60℃~70℃くらいから、熱が加わってイカが動き始めますが、このタイミングが一番柔らかくておいしいんだそうです

なので、イカを焼く場合は、グリルの中火で3分程度が目安なんだそうです。

 

イカの煮物

 

最後に美味しく作るのが意外と難しい『イカの煮物』。

 

イカの煮物を作ると、なぜか煮物に入ったイカが硬くなってしまいますよね。

これは火の通りすぎが原因なのです。

 

そして、その火が通りやすくしてしまう原因が”イカを小さく切っている”からなんだそうです。

なので、イカの煮物は”切らずに丸ごと煮る”が美味しく仕上げるコツなんだそうです。

 

また、イカの栄養成分である『タウリン』は水溶性なので、丸ごと煮る方が断面が少ないことから、タウリンが流れにくいんだそうです。

 

なので、イカの煮物を作る際は”イカを丸ごといれて煮る”ようにしましょう!

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント