【ソレダメ!】『だるい・むくみ・寝起き』は肝臓が原因かも!?

ソレダメ!

2018年12月12日に放送された『ソレダメ!』。

 

番組では肝機能の低下により、体にどのような影響があるのかについて紹介されていました。

その情報をここで簡単にまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク



『寝起きが悪い・むくみ・だるい』は肝臓が原因かも

 

ここではソレダメ!で紹介された『寝起きが悪い』『むくみ』『だるい』は肝臓の機能の低下が原因かもしれないということについて書いていきます。

 

「寝起きが悪い」のは肝臓のせいかも!?

 

肝臓は脳に必要なブドウ糖を貯蔵し、24時間体制で脳へ供給しています。

でも、肝機能が低下していると、そのブドウ糖の貯蔵がへり、朝がすっきり目覚められないことがあるんだそうです。

 

対策

毎朝『チーズ』をスライス1枚食べるとよいんだそうです。

というのも、チーズに含まれる”オルニチン”を体に摂りこむと、肝臓の解毒作用を高めてくれるからなんだそうです。

※疲労の原因物質の1つが『アンモニア』の解毒も肝臓の仕事です。

 

また、朝食にオルニチンを摂取することで、その日1日の食事で摂ったエネルギーをしっかり吸収できるようになるそうです。

オルニチンを1日の始まりに摂ることで、肝臓の調子を整え、そのあとの食事でしっかりと肝臓にブドウ糖(エネルギー)を蓄えられるようになるということらしいです。

 

手足のむくみも肝臓が原因かも!?

 

手足のむくみの原因は血管の外側に溜まった水分です。

そんな血管の外側の水分は肝臓で作られる”アルブミン”がむくみの原因の水分を血管に摂りこんでくれる働きをしてくれます

 

なので、足がむくんでいる人は、肝機能が低下してしまい、十分なアルブミンが作られていない可能性も考えられるというわけです。

 

対策

手足のむくみの対策として、毎日”鳥のむね肉”を50g食べるとよいんだそうです。

というのは、アルブミンは良質なたんぱく質から作られます

そして、お肉の中でタンパク質含有量が最も高いのが”鳥のむね肉”なわけです。

 

また、毎日鶏のむね肉を食べたほうがいい理由は、タンパク質は体の中に留めておくことができないことから、不足しやすい栄養素であるといえるからです。

というのも、タンパク質は体の中で摂りこまられ、分解されてしまうからです。

なので、定期的にしっかりとタンパク質を摂らないといけないのです。

 

体がだるいのも肝臓のせい!?

 

肝機能が低下すると体全体のエネルギー不足になってしまいます。

加えて、本来エネルギーになるはずの栄養素が中性脂肪として、肝臓に溜まってしまうのです。

 

対策

食事に”ブロッコリー”を取り入れるとよいとのこと。

ブロッコリーに含まれる”ビタミンC”がL-カルニチンを作り、脂肪燃焼を促進させるんだそうです。

※ビタミンCで有名なほかの野菜よりも豊富に含まれています。

 

ちなみにブロッコリーの食べ方としては茹でるよりも”レンジでチン”をした方がビタミンCが流れ出ない。

というのも、ビタミンCは水溶性のビタミンなので水に流れていってしまうからなんだそうです。

 

弱った肝臓を助けるために『太もも』を鍛える!?

 

肝臓の働きを助ける方法として”筋肉を鍛える”が挙げられます。

そんな肝臓を補う筋肉の働きは下のようなものがあります。

・ブドウ糖を蓄える

・アミノ酸の分解

・血統の調整

・アンモニアを代謝させる

・脂肪燃焼の働き

 

そして、太ももは人間の体の部位の中で最も筋肉量が多いです。

 

なので、普段の生活では通勤時や買い物時に階段を使うや、それこそ隙間時間にスクワットでもするといいかもしれませんね。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント