【ソレダメ!】味噌は高血圧予防に効果がある~おすすめの具材も紹介

ソレダメ!

2018年9月26日の放送された『ソレダメ!』。

 

本番組では『高血圧』について有益な情報が得られたので、本記事で書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク



血管の老化によって『高血圧』が引き起こされる

 

血管の老化によっておこる不調に『高血圧』があります。

 

血管に老廃物などが溜まることで、血管にくっ付き、血流が悪くなるのです。

そうすると、心臓は血流が悪いことで、よりしっかりと血流を流そうと大きな力で血流を流します。

この状態が高血圧だといえるのです。

 

こうなると、常に血管に圧力がかかり、狭心症や心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こすと言われているのです。

 

最も多い高血圧の原因は『塩分』

 

最も高血圧を引き起こすきっかけが”塩分の過剰摂取”なのです。

 

塩分を必要以上に摂取してしまうと、血液の塩分濃度が上昇してしまいます。

そうすると、体はその塩分量を薄めようと細胞から水分がでてきます

 

その結果、血管内の血液の量が増え、心臓もそれに伴い、強い力で血液を送ろうとしてしまい、高血圧状態になってしまうんだそうです。

 

高血圧予防に『味噌』が良い!?

 

ここでは高血圧予防効果のある『味噌』について書いていきます。

 

味噌のパワーはスゴイ

 

実は日本人の食生活では塩分摂取量が多い国であるにも関わらず、高血圧の割合は世界的に見て平均以下だったりします。

 

この良い意味で矛盾が生じている理由は、日本特有の食生活にあるんだそうです。

そして、その理由は食生活に”味噌”が組み込まれているというのも1つなんだそうです。

 

日本ではよく『みそ汁』が食卓に並びます。

それがもしかしたら、高血圧予防につながっているのかもしれませんね。

 

味噌が高血圧予防に効果がある理由

 

味噌が高血圧に効果がある理由は下の通りです。

味噌の健康効果・血管を広げてくれる。

・腎臓の働きを促進させる。

・塩分の排出を促す。

 

上について簡単に説明していきます。

 

血管を広げてくれる

大豆には『ACE阻害活性』という働きを持つ成分が含まれています。

これは同じ大豆を使った納豆や豆腐にはない効果なんだそうです。

 

そして、ACE阻害活性の働きには”血管を広げる”働きがあり、血流がスムーズに血圧を下げる効果が期待できるんだそうです。

 

腎臓の働きを促進させる

味噌には腎臓に良い働きをします。

 

腎臓は血液をろ過して老廃物や塩分を尿として排出する働きを担っています。

その働きを味噌を摂ることで促進してくれるのです。

 

塩分の排出を促す

『米麹味噌』には最近発見された成分があり、その成分が腎臓の働きをサポートし、血液中の塩分を対外へ排出するのを助けてくれるんだそうです。

 

また、その成分は摂取した塩分の30~50%を排出してくれるとも言われているのです。

それに加えて、熱に強いため調理にも向いているというのです。

 

スポンサーリンク

味噌と合わせたい具材

 

高血圧予防に効果のある味噌ですが、その味噌と合わせたほうがいい具材として『わかめ』が挙げられます。

というのも、わかめなどの海藻類に含まれる”カリウム”には塩分を排出する作用があるとのこと。

 

ですので、みそ汁と一緒に摂るとよいんだそうです。

ちなみにあらゆる研究データを見たところ、みそ汁は1日2杯が最適なんだそうです。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント