【ソレダメ】肉の栄養『牛・豚・鶏』~たんぱく質と健康効果を解説!

ソレダメ!

2018年10月3日に放送された『ソレダメ!』。

 

たんぱく質は人が健康でいるために必要な栄養素です。

筋肉・骨・皮膚など体を構成する約20%を占める栄養素であることから、とても重要なモノだといえるわけです。

 

本記事ではたんぱく質が多く含まれる『お肉』について書いていきます。

ここではソレダメ!で紹介されたお肉の代表『牛』『豚』『鶏』の3種類を書いていきます。

 

スポンサーリンク



牛肉

 

歳をとると脂肪が落ちにくく、逆につきやすくなります。

ですが、お肉の中には”脂肪の燃焼を助け、ダイエット効果が期待できる”お肉があります。

 

それが”牛肉”なのです。

 

牛肉がダイエット効果がある理由

 

牛肉の赤身の部分には”L-カルニチン”という脂肪の燃焼を助ける成分が豊富に含まれているからです。

そのL-カルニチンは体の中の脂肪を燃やし、エネルギーに変えるサポートをしてくれるのです。

 

100g当たりのL-カルニチン含有量を比較してみると『鳥肉(約30mg)< 豚肉(約70mg)< 牛肉(約130mg)』です。

 

そんな赤身牛肉を1日100g摂ると、脂肪燃焼に効果的なんだそうです。

 

牛肉の脂をカットする方法

 

肉の脂をカットできる調理法は”焼肉”です。

しゃぶしゃぶよりも10倍近く焼肉の方が脂が落ちるんだそうです。

 

その理由は”温度”です。

というのも、肉の脂は加熱する温度が高いほど溶けるんだそうです。

 

L-カルニチンを多くとる焼き加減

 

L-カルニチンを多くとりたいのであれば”レア”が良いんだそうです。

というのも、L-カルニチンは熱に弱く、加熱すると失われてしまうからです。

 

なので、牛肉はできるだけできるだけ火を通さない調理法がおすすめです。

 

豚肉

 

豚肉には”ビタミンB1”が豊富に含まれています

※牛肉や鶏肉と比べると10倍近く多く含まれている。

 

また、あらゆる食材の中でも群を抜いてトップに入るほど豚肉にはビタミンB1が含まれているのです。

 

そんなビタミンB1は体内で糖質をエネルギーに変換し、疲労回復に効果的です。

 

ちなみにビタミンB1が多いのは『バラ肉』よりも『ロース肉』です。

 

ビタミンB1がより多くとれる料理

 

豚肉のビタミンB1を多くとれる調理法は”炒める”です

なので、生姜焼きなどの油でいためて調理する方法が良いんだそうです。

 

その理由として、ビタミンB1は水溶性ビタミンなので水に溶けやすいので、煮る・茹でるといった水を使う調理法は避けたほうがいいのです。

 

また、玉ねぎなどに含まれる”アリシン”はビタミンB1の吸収を10倍使く高めてくれるんだそうです。

ですが、アリシンは熱に弱いので調理方法は工夫が必要だったりするのは難点です。

 

栄養を逃さない『生姜焼き』の作り方

 

豚肉は「ビタミンB1を逃さない、アリシンと一緒にとって効果的に吸収する」ということを調理方法をとりたいところです。

なので、ここではソレダメ!で紹介された栄養をしっかり摂れる『生姜焼き』の作り方を書いていきます。

1.ロース肉に小麦粉をまぶす。

2.フライパンで両面を焼く。

3.ボウルに醤油・酒・みりん・ショウガにすりおろした玉ねぎを入れ、混ぜる。

4.焼けた豚肉にサッと絡める。

 

ポイント・ロース肉は小麦粉をまとわせる。

豚肉に小麦粉を付けるとビタミンB1が流れにくくなる。

 

ポイント・玉ねぎはすりおろす

空気に触れる面積が多いほど、アリシンの量が増えるんだそうです。

また、アリシンは熱に弱いため、すりおろしておくことで炒める時間が短くすることができるのです。

 

スポンサーリンク

鶏肉

 

鶏肉は『ヘルシー』『料理がしやすい』など食卓に並びやすい食材ですよね。

 

ここでは鶏肉の『むね肉』『もも肉』『手羽元』のそれぞれの栄養について書いていきます。

 

むね肉

 

むね肉は鶏肉の中でも、たんぱく質の量はトップクラスです。

 

加えて、血圧の上昇を抑える”カリウム”が豊富に含まれています

なので、むね肉は健康な体づくりと高血圧予防に効果的な食材だといえるかと思います。

 

鶏むね肉のバター醤油炒めのレシピ~ソレダメの絶品むね肉料理!
2018年10月3日で放送された『ソレダメ!』。 むね肉の調理は大変ですよね。 普通に調理をするとパサパサになってしまって、美味しくなくなってしまうんですよね…。 ここではそんな鶏のむね肉を美味しく食べられ...

 

もも肉

 

鶏もも肉にはシミやシワを予防する”セレン”や”ビタミンA”が多く含まれています

※ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、脂と一緒にとると吸収されやすい。

 

また、鶏もも肉の代表料理からあげのポイントについて書いていきます。

からあげのポイント『からあげ』にできる『焦げ』が肌が老ける原因である『糖化』物質なんだそうです。だから、焦げを食べると投下物質を摂ることと同じなので、シミやシワを促進させてしまうのです。

 

その工夫として鶏もも肉を揚げる前に”レモン”をかける。

レモンに含まれる”クエン酸”で投下物質が作られにくくなるんだそうです。

※レモンをかける前と後では、投下物質生成率は半分になるんだそうです。

 

手羽元

 

手羽元には”コラーゲン”が豊富に含まれています

なので、美容食材として評価が高い食材でもあります。

 

ですが、「コラーゲンを食べてもお肌に届かない」と聞いたことがあるかと思います。

コラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解されます。

でも、”ビタミンC”と一緒に摂ると、アミノ酸とビタミンCがくっついてコラーゲンに再生されます。

 

なので、コラーゲンが多く含まれている手羽元はビタミンCを含む食材と食べたほうがよいといえます。

 

手羽元の蒸し焼きレシピ~ソレダメで紹介されたコラーゲンたっぷり料理!
2018年10月3日に放送された『ソレダメ!』。 鶏の手羽元にはお肌に嬉しい”コラーゲン”がたっぷり含まれています。 ですが、コラーゲンは体内に摂りこまれるとアミノ酸に変換させれてしまい、美容効果は得られないのです。 ...

 

おまけ:お肉部位ごとの栄養素

 

最後にここでは焼肉で人気な部位で紹介していきます。

 

タン

 

タンの健康効果は”疲労回復”が期待できます。

 

タンに含まれる”タウリン”が肝機能を高めてくれるんだそうです。

肝機能が高まると疲労が回復するんだそうです。

 

ロース

 

ロースの健康効果は”体力アップ”が期待できます。

 

L-カルニチンが含まれているので、体の代謝が良くなり、脂肪をエネルギーに変換し、体力アップが期待できるんだとか。

 

ハラミ

 

ハラミの健康効果とは”高血圧予防”が期待できます。

 

ハラミに含まれる”カリウム”は体内の余分な塩分を排出し血圧を下げる働きがあるんです。

また、むくみ防止などにも効果があるんだそうです。

 

カルビ

 

カルビには美容ビタミンと呼ばれている”ビタミンB2”がたっぷり含まれています

なので、”美肌効果”が期待できます。

また、脂肪燃焼効果も期待できるので女性に嬉しいお肉だといえます。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント