【ソレダメ!】体臭の原因と消す方法【汗臭・ミドル脂臭・加齢臭・疲労臭】

ソレダメ!

2019年6月5日に放送された『ソレダメ!』。

 

気温が暑くなる時期は汗をかいて、体臭が気になるようになるかと思います。

そんな体臭の悩みを解決する方法をソレダメ!で紹介されていたので、本記事でまとめたいと思います。

 

本記事で紹介する体臭は『汗臭』『ミドル脂臭』『加齢臭』という大3体臭、そして第4の体臭『疲労臭』になります。

 

ぜひ、体臭対策をしてみてください。

 

スポンサーリンク



世代によって体臭が違う!?【3大体臭】

 

「体臭は世代によって臭いが違う」ことが分かっているそうです。

そして、それは”3大体臭”と言われているそうです。

 

ここではその3大体臭について書いていきます。

 

10代半ば~30代半ば『汗臭』

 

汗臭は体全体、特に”脇の下”から強い臭いがします。

そして、臭いの特徴は”酸っぱい臭い”なんだそうです。

 

汗臭の発生原因は汗腺でして、汗腺は体全体にありますが、特に脇の下に集中しています。

汗腺から出る汗は無臭ですが、皮膚についている細菌と反応して酸っぱい臭いを放つんだそうです。

 

10代半ばから30代半ばまでは代謝が活発で、たくさんの汗をかくことで汗臭が発生するそうです。

 

30代半ば~50代半ば『ミドル脂臭』

 

30代半ばからは汗に”乳酸”が含まれるようになります。

この乳酸をエサとする細菌が食べることで臭いが発生し、これを『ミドル脂臭』と言います。

 

そして、主にミドル脂臭は”後頭部”から発生するんだそうです。

臭いに特徴としては、『使い古した油』『チーズ』の臭いがするんだそうです。

 

50代半ば以降『加齢臭』

 

お歳を召した方の臭いの悩みで多い『加齢臭』。

その加齢臭は『耳の裏』『胸』『おなか』『背中』などで発生するんだそうです。

 

そして、加齢臭の原因は”皮脂”であり、その皮脂は皮膚の潤いを保つために皮脂腺から分泌されます。

ですが、その皮脂は「50代半ばから成分が変わる」と言われ、酸化しやすくなることで加齢臭になるんだそうです。

 

体臭をなくす対策方法

 

ここでは、『3大体臭をなくす対策方法』について書いてきます。

 

『汗臭』の対策方法

 

汗臭の最大の対策は”サラサラな汗をかく”ことなんだそうです。

汗臭の臭いの原因はネバネバとした汗でして、その汗は汗腺の働きが悪くなっていることで生じるんだとか。

 

そして、汗臭の原因である『汗腺の働きが悪い』ですが、日ごろから汗腺は使わなければ衰えていってしまうんだとか。

そうすると、汗腺から体内から出たミネラルを多く含んだ汗となり、それが常在菌の繁殖させて臭いがつよくなるんだそうです。

 

なので、汗臭の対策方法としては下のようになります。

 

・普段から運動をして汗をかく

・クーラーに当たりすぎない

 

若い世代の人は上の2つを意識した生活を送ることで汗臭の防止につなげることができるかと思います。

 

『ミドル脂臭』の対策方法

 

30代半ばから後頭部から臭いを放つ『ミドル脂臭』。

このミドル脂臭は”洗髪のやり方”で対策ができるそうです。

 

洗髪前にブラッシングをする

シャンプーをする前に、”髪全体をクシを使ってブラッシングをする”とよいんだそうです。

というのも、ブラッシングをすることで髪や頭皮の汚れが浮き上がり、シャンプーで洗い流しやすくなるからなんだそうです。

 

もしも、クシを持ち合わせていない場合は『手グシ』でも効果があるそうです。

なので、入浴前には髪全体をブラッシングをするようにしましょう。

 

ミドル脂臭を防ぐ洗髪をする順番

ミドル脂臭を防ぐには、”洗髪する順番”も重要なんだそうです。

 

洗髪をする場合は下の順番で洗うようにしましょう。

1.襟足

2.もみあげ

3.前頭部

4.後頭部

5.頭頂部

 

きっと「頭頂部から洗い、襟足は簡単に洗う」という方も多いかと思います。

ですが、それだと襟足をおろそかにしてしまう人が多いようなので、普段しっかり洗わない部分からしっかり洗うようにした方がいいんだそうです。

 

また、シャワーの当てかたは”頭皮に対して90°”と良いんだそうです。

そうすると、毛穴の中の汚れを浮き上がらせ、洗い流しやすくなるんだそうです。

 

加えて、頭皮をマッサージする(揉む)ように洗うと、毛穴の汚れと頭皮の血行を良くできるのでおすすめです。

 

『加齢臭』の対策方法

 

体全体から発生する『加齢臭』。

加齢臭は”体の洗い方””食べ物”で改善できます。

 

体の洗い方を変える

加齢臭の対策方法として”体の洗い方”になります。

その洗い方とは”できるだけ優しく洗う”なんだそうです。

というのも、肌の皮脂を落としすぎると、臭いの原因である皮脂が必要以上に分泌されて加齢臭に繋がってしまうんだそうです。

 

なので、体を洗う時には”ふわふわの泡で手の平を使って洗う”ようにするといいんだそうです。

よく体を洗う用のタオルを使われる方も多いかと思いますが、あれはスッキリ感は味わえるかもしれませんが、皮脂を落としすぎるのもそうですが、肌を傷つけたりして、デメリットが大きいです。

 

ですので、体を洗うときは、ふわふわの泡を作って手の平で洗うようにしましょう。

 

加齢臭を対策によい食べ物『カシス』

『カシス』は体臭対策に効果があると言われています。

というのも、カシスには含まれている『カシスポリフェノール』は皮脂の酸化を防ぐ働きがあるんだそうです。

 

なので、カシスジャムでもいいですし、粉末タイプのカシスを食べるとよいかと思います。

 

 

スポンサーリンク

第4の体臭『疲労臭』

 

従来までは『3大体臭』だけが注目されていました。

ですが、最新の研究では第4の体臭『疲労臭』があり、厄介なのが洗っても起きにくいという体臭であるということです。

 

ここではその疲労臭についてまとめていきます。

 

疲労臭とは

 

疲労臭の正体は”アンモニア臭”です。

そして、”体全体”から放つ体臭になります。

特に30代半ば~50代半ばの人が特に多いんだそうです。

 

その疲労臭の原因になるのが下の通りです。

・肉体的な疲れ

・ストレス

・便秘

 

そして、疲労臭が発生するきっかけは、肝臓にある”オルニチン回路(尿素回路)”なんだそうです。

このオルニチン回路はアンモニアを尿素に変える働きをします。

そのオルニチン回路は肝機能が低下すると、アンモニアが尿素にできず、アンモニアが血液に乗って、体内を巡り、汗として対外に排出されます

その結果、疲労臭が引き起こされるというのです。

 

疲労臭の対策方法

 

厄介な体臭である『疲労臭』の対策方法は下のとおりです。

・十分な睡眠をとる。

・シジミやしめじに含まれる『オルニチン』を摂取する。

 

睡眠不足になると疲労がたまり、オルニチン回路の働きが低下し、疲労臭が発生してしまいます。

なので、疲れを残さないようにしっかりと睡眠をとることが疲労臭の対策になるといえるのです。

 

また、シジミやしめじに含まれる『オルニチン』を摂ることで、肝機能が改善され、オルニチン回路の働きがアンモニアを処理できるようになります。

その結果、疲労臭の原因であるアンモニアを尿素に変えることができるのです。

※オルニチンは食事だけではなく、サプリメントで補給するのもおすすめなんだそうです。

 

疲労臭の元となるアンモニアの発生を防ぐ『ラクチュローズ』

 

シジミなどの『オルニチン』を摂取するほかに、『ラクチュローズ』を摂るのも疲労臭の対策になるんだそうです。

※ラクチュローズとはオリゴ糖の一種で”ミルクオリゴ糖”と呼ばれているそうです。

 

この『ラクチュローズ』は市販のヨーグルトにも含まれているそうなので、スーパーに行ったらヨーグルトを購入してみてください!

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント