【ソレダメ!】玉ねぎで超悪玉コレステロールで撃退できる

ソレダメ!

2018年9月26日に放送された『ソレダメ!』。

 

本番組は『コレステロール』について有益な情報が得られたので、本記事でまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク



コレステロールについて

 

コレステロールとは脂質の一種で肉や卵に含まれています。

 

ひと昔前までは、このコレステロールは悪者というイメージがありました。

ですが、コレステロールには”悪玉”と”善玉”が存在し、それぞれは体に必要な働きをしているんだそうです。

なので、一概に「コレステロールは悪いモノ」というわけではないわけです。

 

悪玉コレステロールも大切な働きをする

 

悪玉コレステロールは老化などで傷ついた血管を修復してくれる働きがあります。

ですが、悪玉コレステロールは血管を修復後、内側について血流の妨げになるという厄介な性質を持っているのです。

 

そこで、善玉コレステロールが悪玉コレステロールを運んで血流をスムーズにしてくれる働きがあるんだそうです。

 

ちなみに、こういったコレステロールの働きが解明されたことで、昔は「卵は1日1個まで」と言われていましたが、現在ではそういった制限はなくなりました。

 

第3のコレステロール

 

『善玉コレステロール』と『悪玉コレステロール』はそれぞれ体に必要な働きをすると上では書きました。

 

ですが、現在では第3のコレステロール『超悪玉コレステロール』という存在が見つかりました。

 

血管に張り付いたコレステロールを調べたところ、『悪玉が3割、超悪玉7割』ということが判明しました。

実はこの超悪玉コレステロールは酸化によって悪玉コレステロールが小さくなったモノなのです。

この小さくなったことで、善玉コレステロールが運べなくなってしまうことで、血管の老化の元凶になってしまうんだそうです。

 

超悪玉コレステロールの初期症状

 

超悪玉コレステロールが増えると”肌にアザのような斑点ができる”という体のサインが出るそうです。

また、歩行中にモモやふくらはぎが急に痛くなったりするんだとか。

 

なので、この症状が出た場合は超悪玉コレステロールを疑ったほうがよいかもしれませんね。

 

玉ねぎで超悪玉コレステロールを撃退する

 

超悪玉コレステロールを撃退する方法として、”玉ねぎを食べる”があります。

「血液サラサラ効果がある」と有名な玉ねぎですが、さらに効果を高める食べ方があるんだそうです。

 

そんな玉ねぎは”加熱”するとよいんだそうです。

加熱することで、強い抗酸化作用を持つ”トリスルフィド”と”セパエン”という成分がパワーアップするんだそうです。

そんな上の成分は善玉コレステロールを残し、悪玉と超悪玉コレステロール値を下げる働きがあると確認されているそうです。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント