【ソレダメ!】糖質オフダイエット【糖質の吸収を抑える方法】

ソレダメ!

2019年5月15日に放送された『ソレダメ!』。

 

「効果がある」と多くの人が言う”糖質オフダイエット”。

現在では毎日の食事でご飯やパンといった主食を抜く人たちが増えてきているといいます。

 

そんな糖質オフダイエットをしていると思っていても、実際は正しくできていないことがあります。

 

本記事ではその糖質オフダイエットの正しい知識について書いていこうと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



 糖質オフダイエットの正しい知識テスト!

 

まずは糖質についてのソレダメ!で紹介された知識テストを紹介します。

そして、糖質について間違えた捉え方をされている方はいくら食事制限をしても、結果が出せないので改善していきましょう。

 

では、さっそく書いていきます。

サラダにかける調味料で糖質を抑えるなら『マヨネーズ or ノンオイル』?

 

サラダにかける調味料で糖質を抑えたいなら『マヨネーズ』が正解です!

マヨネーズの原料は『卵』『酢』『植物性油』などの糖質を含まないモノで作られています

 

一方、カロリーが少ないということで『ノンオイルドレッシング』を使われる方がいます。

ですが、ノンオイルドレッシングは味を調整するために甘味料(糖質)が含まれていることがほとんどらしいです。

 

糖質を抑えたいなら『カルボナーラ or ペペロンチーノ』?

 

糖質を抑えたいなら『カルボナーラ』が正解です!

というのも、ペペロンチーノに使う『ニンニク』には糖質が多く含まれています

 

加えて、カルボナーラのソースには嬉しい効果があります。

その効果とは、カルボナーラに含まれる生クリームや卵には”パスタに含まれる糖質の吸収を抑える効果が期待できる”んだそうです。

 

糖質を抑えたいなら『うどん or 春雨』?

 

糖質を抑えたいなら『うどん』が正解です!

 

意外にも春雨には糖質が多く含まれています

というのも、春雨の原材料は”デンプン”でして、そのデンプンのほとんどが糖質なんだそうです。

 

和食は糖質の宝庫

 

和食はヘルシーだと思われがちですが、実は和食は糖質を多く含まれているんだそうです。

 

和食で使われる砂糖やみりんは糖質がとても多いんです。

また、イモやレンコンには糖質がもとになっているでんぷん質がたっぷり含まれています

 

食事での糖質の吸収を抑える方法

 

糖質は食事の摂り方でどれだけ吸収させないかが重要になってきます。

 

そして、ソレダメ!で紹介された『食事での糖質の吸収を抑える方法』の結論は下の通りになります。

・食事はお肉から先に食べる。

・炭水化物は脂質と一緒に食べる。

・果物を食べる前に緑茶を飲む。

 

では、上の3つについて書いていきます。

 

食事で食べ物を食べる順番

 

よく「食事は野菜から食べたほうがいい」なんていう話がありますが、その『べジファースト』はよくないんだそうです。

そして、食事で初めに食べたほうがいいのは『お肉』からです

 

お肉は胃に留まる時間が野菜や炭水化物の約2倍です。

加えて、先にお肉が胃の中に入っていると”小腸に流れる糖質の量が緩やかになる”んだそうです。

その結果、食事での血糖値の上昇を抑えることができるんだとか。

 

また、一度の食事のお肉の量の目安は男性は100g、女性は70g程度といわれているんだそうです。

 

パンの糖質の吸収を抑えるために塗るモノ

 

炭水化物は主に糖質と食物繊維で構成されているといわれています。

そして、そのほとんどが糖質なんだそうです。

なので、炭水化物をよく食べる日本人は特に食べる際は気を付けたほうがいいです。

 

そんな炭水化物を食べる際には下の習慣を取り入れてみてください。

・パンは『バター』を塗って食べる。

・ご飯は炒めるか、『マヨネーズ』と一緒に食べる。

 

パンの糖質の吸収を抑えるために効果的な食べ方は”バターを塗る”なんだそうです。

※これは2016年にイギリスの研究チームが発表した内容。

というのも、バターに含まれる脂質が糖質をコーティングをしてくれることで、腸に吸収されることを抑えるんだそうです。

※おすすめはパン1枚あたりに10g弱。

 

また、同じ白米でもチャーハンの方が血糖値の上昇が抑えらるんだそうです。

加えて、白米を食べるのであれば、ごはん(100g)に対して”マヨネーズ”を大さじ1杯加えることで、白米に含まれる糖質も吸収を抑えられるんだそうです。

 

現在の医学では”脂質”は人の体にとても重要なモノだと考えれており、アメリカの研究では「糖質を摂る際には先に脂質を摂ったほうが良い」と言われているほどらしいです。

なので、炭水化物を摂る際も脂質を先に食べるように心がけてみてください。

 

フルーツに含まれる”果糖”に気を付けたほうがいい

 

糖質には砂糖などに含まれるブドウ糖のほかに、果物に含まれる『果糖』があります。

実は体に良いとされている果物ですが、果糖には気を付けなければならないのです。

 

というのも、果糖は老化の原因になるとされているからです。

果物を食べ、果糖が体の中に入るとすぐに骨にくっつき、骨に含まれるたんぱく質を硬くし老化を促進させるんだそうです。

※果糖が多い果物として『バナナ・リンゴ・ビワ』などです。

 

なので、その果糖の対策として、”果物を摂る前に、先に『緑茶』を飲んでおく”といいんだとか。

その理由は、緑茶に含まれる”カテキン”が果糖が骨にくっ付くのを防ぐ働きをしてくれるからなんだそうです。

 

ですので、果物を食べる前には必ず濃い緑茶を飲むようにしましょう!

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント