【ソレダメ!】長寿ホルモン『アディポネクチン』の増やす方法【ショウガオールを摂りこむ!】

ソレダメ!

2018年11月28日に放送された『ソレダメ!』。

 

いくら長生きをしても健康でいられなければ意味がありません。

そして、健康長寿でいるためには『長寿ホルモン』を増やすことを意識しなければなりません。

 

ということで、本記事ではソレダメ!で紹介されていた『長寿ホルモンの増やし方』についてを書いていこうと思います。

 

また、下の記事の『長寿遺伝子』も併せてよんでみてください。

【ソレダメ!】長寿遺伝子『サーチュイン遺伝子』を活性化させる方法
2018年11月28日に放送された『ソレダメ!』。 これからの時代は『人生100年時代』なんて言われるぐらい長寿が増える時代が来ます。 ですが、そんな時代が来ても、健康でなければ意味がありませんよね。 でき...

 

スポンサーリンク



長寿ホルモン

 

ここでは長寿ホルモンの基礎について書いていきます。

 

長寿ホルモンとは

 

人間の体の中には通称”長寿ホルモン”と呼ばれる『アディポネクチン』という物質があります。

この長寿ホルモンが増えると健康的な長寿になれることが期待できるんだそうです。

 

この長寿ホルモンの『アディポネクチン』が増えると血管を拡張して血流をよくなるそうです。

そうすると、高血圧を予防するなど、生活習慣病の改善に効果があるので、長寿につながるというわけなんです。

 

長寿ホルモンを増やす方法

 

食品医学研究所の所長の平柳要先生が長寿ホルモンを増やす方法で下のようなことをおっしゃっています。

 

生姜はですね、長寿ホルモンを増やす働きと減らすのを防ぐ働きがあるんですね。

この2つの働きを持っているのは生姜だけなんです。

引用:ソレダメ!(平柳要)

 

生姜に含まれる『ショウガオール』という成分が長寿ホルモンを増やすとのこと。

その理由として『ショウガオール』が体の中に入ると、内臓脂肪を刺激してアディポネクチンが増えるからなんだそうです。

 

生姜の効果・効能【ショウガオールとジンゲロールの両方とも摂るべきです!】
ここでは『生姜の効果・効能』について書いていきます。 あなたはきっと『冷え性』で悩まれているかもしれません。 そんな方は『生姜』を毎日摂るとその悩みが軽減されるかもしれません。 冬は気温が低いことで...

 

長寿ホルモンを増やす『生姜』の正しい食べ方

 

ここでは正しい生姜の食べ方について書いていきます。

ここで書くことを気を付けないと、生姜を食べてもショウガオールが失われてしまうかもしれないので、気を付けてみてください。

 

生姜は皮を剥いてはいけない

生姜は皮と身の間に長寿ホルモンを増やすショウガオールが多く含まれています。

つまり、生姜の皮を剥いてしまうと、ショウガオールを捨てているのと同じだということです。

 

なので、生姜は皮を剥かずにそのまま食べましょう。

 

生姜は加熱して食べる

平柳先生は下のようなことをおっしゃっていました。

生姜は加熱するとショウガオールがおよそ3倍に増えるんですね。

引用:ソレダメ!(平柳要)

 

生姜に熱を加えるとショウガオールの量が増えるとのこと。

 

ですが、生姜を加熱する際に注意しなければいけないのが”温度”です。

ショウガオールは150℃を越えるとなくなってしまうため、熱を加えすぎない調理方法を考えなければいけないのです。

 

生姜を使う代表的な料理である『生姜焼き』なんかはフライパンで強火で熱を加える調理方法なので適さないです。

そして、鍋を使って”煮込む”であれば、100℃を越えないので生姜の調理法としてはベストなんだそうです。

 

ショウガオールをしっかり増やしたいなら”煮る”をしっかり覚えておきましょう。

 

ショウガオールを増やすソレマル!レシピ

 

ここではソレマル!で紹介された『ショウガオールを損なわないレシピ』について書いていきます。

ぜひ、ショウガオールを積極的に摂りたい方は参考にしてみてください。

 

生姜の炊き込みご飯

 

番組で紹介されたピリッとした辛みがクセになる一品『生姜炊き込みご飯』。

生姜炊き込みご飯の材料は下のとおりです。

・米(2合)

・生姜[千切り](40g)

・油揚げ(1枚)

・薄口醤油(大さじ2)

・酒(大さじ2)

・和風出汁(少々)

・水360cc

 

上の材料を入れて、炊飯器のスイッチを押せば、すぐに出来上がってしまうお手軽レシピです!

ちなみに炊飯器は100℃を越えないので、ショウガオールが増えますのでご安心ください。

 

みそ汁

 

長寿ホルモンのより増やす食べ方ができる『みそ汁』。

みそ汁の具で代表的なのが『豆腐』だと思いますが、その豆腐に含まれる『大豆たんぱく質』も内臓脂肪を刺激して、長寿ホルモンを増やす働きがあるんだそうです。

 

なので、生姜に熱を加えられ、かつ豆腐と合わせられる『みそ汁』は長寿ホルモンを増やすことにたけた食べ方だといえます。

 

ぜひ、みそ汁の中に生姜と豆腐を入れてみてください!

※番組ではみそ汁4人前に対して、生姜1片の半分(約7g)を入れるだけだった。

 

スポンサーリンク

生姜の保存方法

 

きっとご家庭の中には「生姜を買ったけどいつも使いきれない…」と生姜を購入することを躊躇してしまう方もいるかと思います。

なので、最後に生姜の正しい保存の仕方について書いて終わりたいと思います。

 

生姜の保存に冷蔵庫はいけない!?

 

番組では生姜農家の方が”生姜は冷蔵庫で保存をしてはいけない”とおっしゃっていました。

というのも、生姜は湿気があり、14℃前後の環境が適しており、冷蔵庫では冷たすぎるんだそうです。

 

普通に外に置いておいたらカサカサになるから、ボクも冷蔵庫に入れて保存していましたが、間違いだったんですね…。

たぶん、一般家庭では生姜を冷蔵庫に入れてしまっていると思うので、これは目から鱗ですね!

 

おすすめな生姜の保存方法

 

番組では生姜農家の方がご家庭でやられている生姜の保存方法が紹介されていました。

下がその生姜の保存方法になります。

1.キッチンペーパーを濡らす。

2.そのキッチンペーパーで生姜をくるむ。

3.レジ袋に入れる。

4.戸棚の中に置いておく。

〇そうすると、保湿されて”1ヶ月間”程度は保存できるようになるんだそうです。

 

少し面倒ですけど、コレをやっておけば1か月も保存がきくわけですから、やらない手はないですね!

ぜひ、これからショウガオールを摂ろうとお考えの方は試してみてください。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。 夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。 1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント