夜トマトダイエットがスゴイ!?【トマトを食べるだけで痩せる体質になる】

ダイエットコラム

トマトは女性に嬉しい栄養素が豊富に含まれていることから、食事の際には、積極的に食べているなんている方もいらっしゃいますよね。

 

それはよく、美容関係で良いとされていることから食べられている方が多いかと思います。

 

ですが、トマトにはそれだけではなく、ダイエットに欠かせない栄養素が含まれていることから、痩せるために有効な食べ物といえることはご存じでしょうか?

 

そして、そんなトマトを夜に食べることが最も効果を発揮するともいわれています。

 

本記事では、そんなトマトを使った、「夜トマトダイエット」をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



夜トマトダイエットとは

 

夜トマトダイエットは”夕食や就寝前にトマトを食べる”といった至って簡単なダイエット方法です。

 

トマトを夕食と一緒に召し上がることで食事量を控えることにも繋がります。

 

そして、できれば夕食は最低でも就寝時間の3時間前には終わらせるようにしましょう。

 

そうすると、早い時間に食事を済ませたことで、お腹がすいてしまうと思います。

 

そこで、トマトを食べることで、空腹で寝付けないといったことが起きないようにするとよいでしょう。

 

理想的な1日の食べるトマトの数は「中くらいのサイズのトマトを毎日3つ食べる」が良いと言われています。

 

 

なぜ夜トマトがダイエットに良いのか

 

夜トマトがダイエットに良いとされる理由は”成長ホルモン”と関係しています。

 

人の体は寝ているときに成長ホルモンという体の調子を整えてくれるホルモンが分泌されます。

 

この成長ホルモンは体の細胞を活性化させ、体を若返らせるホルモンでもあります。

 

これにより、臓器の働きを正常に保ったり、基礎代謝をコントロールする働きがあります。

 

そんな成長ホルモンの分泌を促すためには、ミネラルやビタミンが必要であり、その条件に合っている食材にトマトは最適なのです。

 

トマトを食べると、成長ホルモンを分泌しやすくなり、健康を維持したり、痩せやすい体にしてくれます。

また、カロリーが100gあたり18.9カロリー程度ですので、太る心配もいらないのも魅力的ですよね。

 

スポンサーリンク

寝る前に食べると太るって聞くけど?

 

「夜寝る前に食べ物を食べると太る」ということは聞いたことがあるかと思います。

 

寝ている間というのは、体の内臓のメンテナンスを行う時間だといわれています。

 

そのため、睡眠時間にカロリーを消費し続け、寝ている間に約300カロリー消費すると言われています。

 

また、この睡眠の消費カロリーの量を上げる方法として「成長ホルモンの分泌を高める」があります。

 

ですが、もしも胃の中に食べ物が入っている状態で睡眠をとってしまうと、その成長ホルモンが分泌を妨げてしまいます。

 

それだけではなく、人が寝ている間の血流は体全体に巡らせるようになっています。

 

そのため、胃の中に消化途中の食べ物があると、胃に十分に血液が行渡らず、消化不良を起こし健康状態に悪影響を与えてしまいます。

 

そのため、就寝前に一般の食べ物を食べるのは良くないとされています。

 

 

ダイエット以外にも良いことがある?

 

トマトといえば、美肌効果が期待できる食材でもあります。

 

トマトには多くの”リコピン”が含まれています。

 

このリコピンには、強い抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の原因になる「活性酸素」を取り除いてくれる働きがあります。

 

これにより、シミや乾燥の原因になる、肌を傷つける紫外線から肌を守ります。

 

その結果、お肌の潤いやハリに関わる「コラーゲンを守る」働きが期待できるといわれています。

 

また、研究者による研究結果で、お肌のリコピン濃度が高い人ほど、お肌のシワが少なく、キメが整っていることが分かっています。

 

このように、トマトを夜に食べることで、ダイエットだけではなく、女性として大切なお肌にも良い影響をもたらしてくれることが分かっています。

 

【̠−6㎏!】筋トレを1ヶ月間毎日続けた結果【メニュー・効果について語ります】
本記事では今年で27歳になるボクが1ヶ月間本気で取り組んでみた結果をまとめています。夏に向けて痩せようと考えている方はちょこっとだけ参考になるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。1ヶ月間筋トレを毎日...

スポンサーリンク

コメント