【VBA】フォルダの新規作成する【FileSystemObject・Foldersコレクション】

VBA

本記事では「VBAでフォルダ作成をする方法」を解説していきます。

フォルダ作成の方法には下の2つがあります。

・FileSystemObjectオブジェクト

・Foldersコレクション

 

では、上の2つでフォルダを作成していきましょう。

スポンサーリンク



FileSystemObjectオブジェクトを使ったフォルダ作成

まずはFileSystemObjectオブジェクトでのフォルダ作成のコードです。

9行目で「フォルダを作成する場所のパス」と「作成するフォルダの名前」を一気に指定しています。

コレで指定した場所にフォルダが作成されます。

 

Foldersコレクションを使ったフォルダ作成

つぎにFoldersコレクションでのフォルダ作成です。

 

こちらのやり方だと、10行目のようにFoldersの取得が必要になります。

ですが、11行目のaddメソッドの引数では「作成したいフォルダ名のみ」の記述で済みます。

スポンサーリンク

コメント