【VBA】手動セル操作をコードに変換する『マクロの記録』のやり方

VBA

VBでコーディングをしているとたくさんの疑問が生まれるかと思います。

そして、「手動だったら分かるけど、VBで自動で行うためのコードの書き方が分からない」というケースが結構あるかと思います。

 

そういう時に便利なのが『マクロの記録』というエクセルに備わったツールを使うと解決の糸口になったりします。

本記事ではそんな『マクロの記録』というツールの使い方を解説していきます。

スポンサーリンク



マクロの記録の使い方

マクロの記録のやり方は下の通りです。

「開発」タブをクリック

→「マクロの記録」をクリック

→コードに書き換えたい動作を行う

→終わったら、「記録終了」をクリックする

→開発画面の標準モジュールが追加されているので、内容を確認する

 

「マクロの記録」をクリックすると、上のような表示が出ます。

ただコードの確認をしたいだけの場合は、何も変更せずに下の「OK」をクリックるだけで大丈夫です。

 

今回の場合は、『表のデータを棒グラフにする』という動作をコード化しています。

コード化したい動作が終わったら、もともと「マクロの記録」だった部分が「記録終了」に変わっているので、そこをクリックしましょう。

 

「記録終了」をクリックしたら、開発画面の標準モジュールが追加されています。

その中身を確認してみると、先ほど行った動作のコードが記述されています。

 

このコードを実行すると手動で操作したときと同じ結果が得られます。※得られないことも多々あるが…。

 

マクロの記録を使うときの注意点

上までの説明だと、マクロの記録で「手軽にコーディングができたり、自分が分からない処理を記述するときに便利だ」という印象を持つかもしれません。

 

しかし、実際に使ってみると”無駄な記述が多い”という欠点に気づくかと思います。

それこそ、「本来数行で終わることを何十行も記述している」ということも結構あります。

 

エンジニアによっては「一行でも無駄があるのは気に食わない」という人もたくさんいます。

「無駄を省き、よりプログラム実行時の待機時間を減らせるか」という観点で考えるエンジニアにとっては、正直マクロの記録で得られたコードをそのまま使うことはほぼありません。

 

なので、”マクロの記録は分からない部分のヒントを得る”ぐらいの気持ちで使ったほうがいいかと思います。

スポンサーリンク

コメント