【VBA】FileSystemObjectの使い方【ファイル読込み処理】

FileSystemObjectクラスはファイルシステムへのアクセスをするためのクラスです。

つまり、VBAからファイルシステムである「ドライブフォルダ」「ファイル」を操作するための入り口の役割、もしくは直接的に操作するメンバーも多数提供されています。

スポンサーリンク



FileSystemObjectの使い方

参照設定がされている場合は「New」キーワードを使って、下のようにFileSystemObjectのインスタンスを生成するところから始めます。

New FileSystemObject

 

逆に参照設定をしていない場合は「CreateObject」関数を使って下のように記述します。

CreateObject(“Scripting.FileSystemObject”)

 

使い方としては、FileSystemObjectをインスタンス化した後に、このクラスのプロパティ・メソッドを記述していく感じになります。

※詳しくは下の参考コードを確認ください。

 

参照設定とはパソコンにインストールされているライブラリを、VBAで使えるようにする仕組みです。

1.「開発タブ」→「Visual Basic」

2.「ツール」「参照設定」

 

FileSystemObjectの参考コード

ここで使うデータは下の「テキストファイル(data.txt)」になります。

 

全5行(空白も含めて)のデータをFileSystemObjectクラスを使って読み込む処理コードを紹介します。

FileSystemObjectの参考コード

下は「対象ファイルのデータ(文字列)を全て取得し、取得したデータをイミディエイトに出力」するコードになります。

 

FileSystemObjectクラスを用いている場所は7行目~10行目になります。

7行目:インスタンス化して変数fsoに入れる。

8行目:FileSystemObjectクラスのOpenTextFileメソッドを使って、指定した場所のファイルを開く。

9行目:FileSystemObjectクラスのReadAllメソッドでファイル内の全ての文字を読み込む。

10行目:8行目で開いたファイルを閉じる。

 

スポンサーリンク

コメント