VBA

【VBA】動的配列の使い方【宣言から要素数の設定まで】

固定配列は一度宣言したら、要素数を変更することはできません。 ですが、プログラム実行時に可変的に配列の要素数を変更したい時があります。 そんな時に適している配列が”動的配列”になります。 では、さっそく動的配列につ...
VBA

【VBA】多次元配列の使い方【記述の仕方・イメージを解説】

一次元配列はよく使われる「複数の箱が一列に並べられている」といったイメージの配列です。 そして、配列には多次元の配列も扱うことができます。 その代表が”2次元配列”です。 その多次元配列について解説していき...
VBA

【VBA】固定配列の使い方【宣言から使用法まで】

固定配列は”宣言時にその配列の要素数を指定する配列”です。 なので、指定した要素数は変えることはできません。 ちなみに逆にプログラム実行時に可変的に配列の要素数を変えられる配列を『動的配列』といいます。 固定配...
VBA

【VBA】LBoundの使い方【配列のインデックス最小値を調べる】

LBound関数は”配列のインデックス最小値を調べる”時に使います。 上は配列のイメージになります。 ちなみに上の配列の場合、UBound関数を用いると”0”が取得できます。 では、この配列の最小値を調べる...
VBA

【VBA】UBoundの使い方【配列のインデックス最大値を調べる】

UBound関数は”配列のインデックス最大値を調べる”時に使います。 上は配列のイメージになります。 ちなみに上の配列の場合、UBound関数を用いると”2”が取得できます。 では、この配列の最大値を調べる...
VBA

【VBA】テキストファイルを読み込む方法【セルに書き込みまで】

本記事では「VBAでテキストファイルを読み込む処理」について書いていきます。 ここで紹介する内容は下の通りです。 ・「Line Input」で一行ずつファイル内データを読み込む方法 ・「FileSystemOb...
VBA

【VBA】Exitステートメントの使用方法【参考コード有り】

Exitステートメントは”ループを抜けたり、プロシージャーを終了させる”ときに記述します。 そして、ループ内の任意の場所に記述できるので、柔軟な制御ができたりします。 Exitステートメントの種類 Exitステートメントには5種類...
VBA

【VBA】Do Loopの使い方【For文との違いまで解説】

本記事では『Do Loop』ステートメントについて解説していきます。 「Do Loop」はループ処理を行うときに用いるステートメントです。 「For~Next」と同様にループ処理で、このステートメントよりも使用頻度は低い...
VBA

【VBA】Split関数で文字列を分割するやり方

本記事では『Split関数』について解説していきます。 Split関数は”指定した区切り文字で区切った文字列を一次元配列にして返す”関数です。 1つのデータを複数に分け、適切なセルに入れたいときによく使う関数かと思います...
VBA

【VBA】Withステートメントでコードを見やすくする【使い方】

本記事では『Withステートメント』について解説していきます。 さっそくですが、下の「A1セルに値・背景色・文字色を加えるコード」を確認してください。 上のコードでは「Sheets("Sheet1").Range...