【Excel】MATCH関数の使い方【検索対象の値が何行・列目にあるかを調べる】

Excel

Excelの『MATCH関数』は”指定した範囲内で、検索対象の値が入ったセルが何行(何列)目にあるかを調べる”ための関数です。

INDEX関数VLOOKUP関数などと組み合わせると詳細な処理ができるようになるので、ぜひ覚えておきましょう。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



MATCH関数の使い方

ここではMATCH関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

MATCH関数の記述の仕方

MATCH関数の記述は下の通りです。

=MATCH(検査値,検査範囲,[照合の種類])

引数 意味
検査値 「検索する値(もしくはセル)」を指定する
検査範囲 「検索するセル範囲」を指定する 
照合の種類

※省略可

「どのレベルで照合するか」を指定

「1 – 以下」「0 – 完全一致」「-1 – 以上」の3つの数値から選択 

 

MATCH関数の具体的な使い方

ここでは”「斉藤花子」という文字列が何行目にあるかという内容でMATCH関数を使ってみます。

下がその結果になります。

『B8』:=MATCH(“斉藤花子”,A2:A6,0)

 

上の式では第一引数である検査値斉藤花子を指定しています。

次に第二引数では検査値を調べる範囲である検査範囲セルA2~セルA6を指定しています。

最後の第三引数の照合の種類では0:完全一を指定しました。

 

結果、検査範囲の上から3行目に”斉藤花子”という文字列が入ったセルがあるので、”3”がセルB8に入力されます

スポンサーリンク

コメント