【Excel】PRODUCT関数の使い方【複数の数値で掛け算】

Excel

Excelの『PRODUCT関数』は”複数の数値で掛け算を行う”ための関数です。

Excelでは一度にたくさんの数値を使って掛け算をすることがあるので、ぜひ覚えていきましょう。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



PRODUCT関数の使い方

ここではPRODUCT関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

PRODUCT関数の記述の仕方

PRODUCT関数の記述は下の通りです。

=PRODUCT(数値1,数値2,…)

引数 意味
数値 掛け算したい複数の数値を指定する

※数値は「,(カンマ)」で区切る、もしくは「:」でセル範囲を指定する

 

PRODUCT関数の具体的な使い方

ここでは「商品価格の合計を計算する」という内容で試してみます。

例えば、下の表では「価格」「個数」「消費税」を掛け算をしています。

上ではPRODUCT関数の引数にB2,C2,D2の3つを指定しています。

コレだけで掛け算ができてしまいます。

スポンサーリンク

コメント