【Excel】VLOOKUPの使い方【名前からデータを引っ張る方法】

Excel

本記事ではExcel上で「名前からデータを引っ張る」を実現できる『VLOOKUP関数』の使い方について解説していきます。

たぶん、Excelの自動化において最も頻繁に使われるのが『VLOOKUP関数』なので、ぜひ覚えていってください。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



VLOOKUP関数の使い方

ここではVLOOKUP関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

 

VLOOKUP関数の記述の仕方

VLOOKUP関数の記述は下の通りです。

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索方法])

検索値:探したいデータを見つけるための手がかりになるデータを指定

範囲:引用する範囲の指定

列番号:上の「範囲」で指定した範囲の一番左から何列目の値を出力するかの指定

・検索方法:「完全一致(FALSE)」「近似一致(TRUE)」を指定 ※省略可

 

ちょっと分かりにくかったら、なんとなくで下に進んでください!

 

VLOOKUP関数の具体的な使い方

例えば、下のように商品コード(B列とG列)で紐づけて、そのコードに合った単価をC列に自動入力できるようにするという内容でVLOOKUP関数を使っていきます。

上では左側が受注した商品を扱い、右側が商品コードとその単価を扱っている表となっています。

そして、B列に入力された商品コードに合った単価を右の表から引っ張ってきてC列に入るようにしたいのです。

 

コレを実現する方法として下のようにVLOOKUP関数を使って記述すればよいです。

上は「セルC2」の記述になります。

では、上の記述を簡単に説明していきます。

 

セルC2には、セルB2の商品コードに合った単価を入力するので、”B2(A001)”検索値になります。

範囲は引っ張ってくるデータの元である”右の表(G列:H列)”になります。

 

その「範囲」の2列目である単価を左の表に入力したいので列番号”2”になります。

 

検索方法は上では省略していますが、指定する場合は”完全一致(FALSE)”になります。

 

では、説明は以上になります。

スポンサーリンク

コメント