【Excel】OR関数の使い方【IF関数の組み合わせ方まで】

Excel

Excelの『OR関数』は”複数の条件の中から1つでも満たしているかを判定する”ための関数です。

IF関数と組み合わせて、高度な処理を行うことがよくあるので、ぜひ覚えていってください。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



OR関数の使い方

ここではOR関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

OR関数の記述の仕方

OR関数の記述は下の通りです。

=OR(論理式1,[論理式2],…)

引数 意味
論理式 「判定する条件」を指定する

 

このOR関数は複数の条件の中で1つでも満たしていれば”TRUE”すべて不一致だったら”FALSE”を返します

 

上の表では「3つのセルの値をOR関数で判定する」ようにしています。

 

上を見ると、4行目の全てのセルが「FALSE」だった場合は”FALSE”となっています。

ですが、それ以外の1つでも「TRUE」だった場合には”TRUE”となっています。

 

OR関数の具体的な使い方

ここでは”1科目でも30点未満があるならTRUE、全て30点以上ならFALSEと判定するという内容でOR関数を使ってみます。

下がその結果になります。

『E3』:=OR(B3<30,C3<30,D3<30)

上の表では「一人の成績である3つのセル(B列・C列・D列)の値に1つでも30未満があるかどうか」を判定しています。

そして、3行目である”田中太郎”の行では算数が30未満のため、判定では”TRUE”が表示されています。

ですが、4行目の”鈴木次郎”の行では全てが30を上回っているので、判定では”FALSE”が表示されています。

 

このようにOR関数は複数の条件を指定し、それらが1つでも満たされれば”TRUE”を返し、全て満たされていない場合のみ”FALSE”を返す関数であることがわかります。

 

IFと組み合わせる記述

ちなみにOR関数はIF関数と組み合わせることが多いです。

例えば、上の表で組み合わせてみるなら下のようにできたりします。

『E3』:=IF(OR(B3<30,C3<30,D3<30),”有”,”なし”)

上の式ではOR関数の1つでも30未満があるなら「赤点”有”」、全て30以上なら「赤点”なし”」ということを伝えられるようにIFで分岐させています。

 

OR関数が返す値は”TRUE”か”FALSE”です。

ですが、この値をそのまま使うと、人によっては何を伝えたいか分からなかったりします。

なので、上の表のようにIF関数を使って、返す値を変化させることで意味が伝わるようにするなどのこともできたりします。

 

IFとの組み合わせは必ずと言ってよいほど使うので、ぜひ覚えておきましょう。

 

〇おすすめのEXCEL参考書ランキング!

1位

2位

3位

Excel 最強の教科書[完全版]できるYouTuber式 Excel 現場の教科書たった1日で即戦力になるExcelの教科書【増強完全版】
初心者~中級者初心者~中級者初心者
【実践向きのテクニック習得に!】

・コピペ、ショートカット、オートフィルの作業効率UPテクニック

・見やすいグラフの作成の仕方、簡単なデータ分析の解説をしている。
【初心者用の実務Excel学習に最適!】

・基礎知識、関数や複数の関数を使った組み合わせ、ピボットグラフなどが解説されている。

・ボリュームは少し物足りないが、実務に使うポイントに絞って学ぶことができる。

・「本でサクッと、動画でじっくり」と学ぶことができるという選択したが用意された本である。
【基本中の基本を学ぶのに最適!】

・知っておくべき関数・エクセル機能をしっかり解説されている。

・丁寧に説明していることで、実際のEXCEL作業のイメージがしやすい。

\1,564円
amazonで確認!

\1,650円
amazonで確認! 

\1,694円
amazonで確認!

スポンサーリンク

コメント