【Excel】ROW関数の使い方【選択したセルの行数を求める】

Excel

Excelの『ROW関数』は”指定したセルの行番号を求める”ための関数です。

そんなROW関数は他の関数の引数に使うケースもあるので、ぜひ覚えていってください。

 

ちなみに列番号を求めるときは『COLUMN』という関数を使います。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



ROW関数の使い方

ここではROW関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

ROW関数の記述の仕方

ROW関数の記述は下の通りです。

=ROW([参照])

引数 意味
参照

※省略可

「行番号が知りたいセル」を指定する

 

ROW関数の具体的な使い方

ここでは指定したセルの行数を求める」「数式を書き込んでいるセルの行数を求めるの2つについて簡単に解説していきます。

「指定したセルの行数」を求める

ここではROW関数を使えば下のようなことができます。

上ではセルC4の行番号を下のように記述しています。

『F4』:=ROW(C4)

 

上の式では引数である『参照』に”セルC4”を指定しています。

その結果、セルF4に”4”が表示されています。

 

「現在のセルの行数」も求められる

ちなみにですが、「ROW関数で数式を書き込むセルの行数も求める」ことができます。

その場合、下のような数式で書きます。

=ROW()

ただ引数を指定しなければ、数式を書き込んでいるセルの行数を求めることができます。

 

加えて、数式を書き込んでいる場所を起点にセルを指定することもできます。

例えば、現在のセルの3つ上を指定する場合は下の通りです。

=ROW()-3

※もちろん、引数が入っている場合もできる。

スポンサーリンク

コメント