【Excel】RIGHT関数の使い方【右から文字を取り出す】

Excel

Excelの『RIGHT関数』は一般的には”対象セルに入っている文字列や数字を右視点から文字数を指定して抽出する”ためのモノです。

ちなみに似たような関数に『LEFT関数』『MID関数』があります。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



RIGHT関数の使い方

ここではRIGHT関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

RIGHT関数の記述の仕方

RIGHT関数の記述は下の通りです。

=RIGHT(文字列,[文字数])

・文字列:取り出したい文字を含んだ文字列またはセルを指定する。

・文字数:右から何文字目まで抽出するかを指定する。

 

例えば、セルA1の文字列を右から3文字目まで抽出したいなら=RIGHT(A1,3)となります。

 

RIGHT関数の具体的な使い方

例えば、下のように西暦から月日を抽出するといった内容で説明します。

上ではRIGHT関数の第一引数である文字列『セルB2』を指定しています。

そのセルの文字列である「20201231」という文字列の「1231」を抽出したいので、第二引数の文字数は『4(右から4つ目まで)』を指定しています。

 

その結果、上の表のようにセルD2で”1231”が入力されるようになります。

スポンサーリンク

コメント