【Excel】IF関数の使い方【記述の仕方から入れ子まで解説します】

Excel

Excelの関数の中で頻繁に使われる『IF関数』。

IF関数を使うと「条件を設けて表示する値を変える」という処理がセル上で行うことができます。

 

そんなIF関数について本記事では解説していきます。

スポンサーリンク



IF関数の使い方

ここではIF関数の「記述の仕方」「IF関数が1つの場合」「1つのセルにIF関数が複数の場合」について解説していきます。

IF関数の記述の仕方

IF関数の記述の仕方は下の通りです。

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

論理式:処理を分けるときの条件

真の場合:条件と合致したときに表示する値

偽の場合:条件と異なったときに表示する値

 

IF関数が1つの場合

ここでは下のようにIF関数を使って点数が80点以上が”A”、80点未満は”B”と評価するという表を作ってみます。

C2のセルには下のような処理内容を記載しています。

=IF(B2>=80,”A”,”B”)

 

上の式ではB2>=80が論理式となっています。

この論理式はB2の値が80以上という意味になります。

 

そして、「”A”」が真の場合に、「”B”」が偽の場合に表示される値になります。

つまり、80点以上だった場合は”A”が表示される」「80点未満だった場合は”B”が表示されるというわけです。

 

1つのセルにIF関数が複数の場合

次に1つのセルに複数の条件(IF関数)を組み込む方法です。

ここでは下のようにIF関数を使って点数が80点以上が”A”、80点未満30点以上は”B”、30点未満は”C”と評価するという表を作ってみます。

 

C2のセルには下のような処理内容を記載しています。

=IF(B2>=80,”A”,IF(B2>=30,”B”,”C”))

 

上の式は少し複雑なので図で表してみます。

上の式ではB2の値が80以上だったら”A”が表示されます。

 

そして、80未満の場合は偽の値であるIF関数の条件で分岐します。

このIF関数ではB2の値が30以上だった場合は”B”、30未満だったら”C”を表示するようになっています。

注意IF関数は2007年バージョン時点で64個組み込むことができます。

ですが、IF関数は使えば使うほど複雑になります。

なので、使うとしても2,3個程度にとどめるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント