【Excel】SUMIF関数の使い方【条件つきの足し算】

Excel

本記事では条件に応じて足し算ができる『SUMIF関数』について簡単に解説していきます。

シンプルな足し算ができる『SUM関数』に条件が足された関数というイメージでOKです。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



SUMIF関数の使い方

ここではSUMIF関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

SUMIF関数の記述の仕方

SUMIF関数の記述は下の通りです。

=SUMIF(条件範囲,合計したい行の条件,合計したい行の範囲)

条件範囲:「合計したい行の条件」の対象範囲を指定

合計したい行の条件:「条件範囲」の範囲内で合計したい行の条件を指定

合計したい行の範囲:「合計したい行の条件」の対象範囲を指定

 

SUMIF関数の具体的な使い方

例えば、下は表で考えてみます。

下は”田中”の合計点数を計算する記述になります。

上では名前が入ったセルA2~A10を「条件範囲」に指定しています。

そうすると、それぞれに入った”田中・鈴木・斉藤”という名前によって行を識別できるようになります。

 

そして、「合計したい行の条件」には”田中”として文字列をしています。

これにより、上で指定した「条件範囲」内から”田中”と入ったセルの行を識別できるようになります。

 

最後に「合計したい行の範囲」では「条件範囲」と紐づける列(C2~C10)を指定しています。

 

そうすると、上のように条件である”田中”という文字列と合致した行と紐づいた「60」「30」「30」という数字が絞られ、それが計算されて「120」という値が表示されています。

スポンサーリンク

コメント