【Excel】INDIRECT関数の使い方【指定したセルの値を取得する】

Excel

Excelの『INDIRECT関数』は”指定したアドレス(セル番号)の値を取得する”ための関数です。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



INDIRECT関数の使い方

ここではINDIRECT関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

INDIRECT関数の記述の仕方

INDIRECT関数の記述は下の通りです。

=INDIRECT(参照文字列,[参照形式])

引数 意味
参照文字列 「値を取得したいセル番号」を指定する

※文字列なので「”(ダブルクォーテーション)」で囲む

参照形式

※省略可

「FALSE – R1C1 形式」「TRUE – A1 形式」の2つから選択。

 

INDIRECT関数の具体的な使い方

ここではINDIRECT関数を使って「同シート内のセルの値を取得する」「他のシートから値を取得する」のやり方を解説していきます。

同シート内のセルの値を取得する

上ではシンプルにINDIRECT関数の第一引数である『参照文字列』に”セル番号(A2)”を指定しています。

これにより、セルA2の値である「りんご」という文字列が入力されました。

 

また、参照文字列の書き方では下のような記述の仕方もできます。

=INDIRECT(“A”&2)

上の書き方は「INDIRECT(“A2”)」と同じ意味になります。

「&」で文字列同士(数値なども)を繋ぐことで文字列をを作ることができます。

これ「&」はエクセルはもちろん、プログラミングをしていれば、あらゆる場面で必要になってくるので、この書き方は覚えておきましょう。

 

他のシートから値を取得する

ここでは「りんご」「みかん」「メロン」という3つのシートから値を取得していこうと思います。

上が「りんご」のシートになります。

加えて、ほかに2つのシートがありますが、どれも”セルB1”に値を入力してある状態にしています。

 

1枚目のシートでは商品名と価格の欄があります。

その価格の欄に他のシートにあるそれぞれの価格を取得しています。

そして、例えば「りんご」の価格を「りんごシート」から取得したい場合、下のように記述をします。

『B2』:=INDIRECT(A2&”!B1″)

この式は=INDIRECT(“りんご!B1”)と書き換えられます。

これで「りんごシートにあるセルB1にある値を取得する」ということになります。

 

その結果、セルB2には”200”という数値が入力されます。

 

〇おすすめのEXCEL参考書ランキング!

1位

2位

3位

Excel 最強の教科書[完全版]できるYouTuber式 Excel 現場の教科書たった1日で即戦力になるExcelの教科書【増強完全版】
初心者~中級者初心者~中級者初心者
【実践向きのテクニック習得に!】

・コピペ、ショートカット、オートフィルの作業効率UPテクニック

・見やすいグラフの作成の仕方、簡単なデータ分析の解説をしている。
【初心者用の実務Excel学習に最適!】

・基礎知識、関数や複数の関数を使った組み合わせ、ピボットグラフなどが解説されている。

・ボリュームは少し物足りないが、実務に使うポイントに絞って学ぶことができる。

・「本でサクッと、動画でじっくり」と学ぶことができるという選択したが用意された本である。
【基本中の基本を学ぶのに最適!】

・知っておくべき関数・エクセル機能をしっかり解説されている。

・丁寧に説明していることで、実際のEXCEL作業のイメージがしやすい。

\1,564円
amazonで確認!

\1,650円
amazonで確認! 

\1,694円
amazonで確認!

スポンサーリンク

コメント