【Excel】1行ごと(ボーダー柄)に色を付けて見やすくする方法

Excel

エクセルで見やすい表を作るために「一行ごとに背景色を変える」でボーダー柄にするというテクニックがあります。

そして、手作業で1行ごとに背景色を指定する人がいますが、それは間違いなく非効率なのでやめたほうがいいです。

 

本記事ではボーダー柄にする作業を効率よく行うために「条件付き書式」というエクセルの機能を使うテクニックをご紹介します。

簡単で一度覚えれば、ずっと使えるテクニックなので、ぜひ覚えていってください。

スポンサーリンク



1行ごと(ボーダー柄)に色を付けて見やすくする方法

では、さっそく『1行ずつ(ボーダー柄)に色を付けて見やすくする方法』を解説していきます。

①「条件付き書式」を設定するセル範囲を指定する。

②上の「条件付き書式」タブをクリックする。

③「新しいルール(N)」をクリックする。

 

①「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックする。

②条件になる論理式『=MOD(ROW(),2)=1』を記述する。

③条件を満たしたときにセルの背景色を設定するので『書式(F)』をクリックする。

ここでの論理式を理解したい方は、下の2つの記事を読んでみてください。

【Excel】MOD関数の使い方【割り算で余りを求める】
Excelの『MOD関数』は”割り算の余りを求める”ための関数です。 では、さっそく解説していきます。 MOD関数関数の使い方 ここではMOD関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。 MOD関数の...
【Excel】ROW関数の使い方【選択したセルの行数を求める】
Excelの『ROW関数』は”指定したセルの行番号を求める”ための関数です。 そんなROW関数は他の関数の引数に使うケースもあるので、ぜひ覚えていってください。 ちなみに列番号を求めるときは『COLUMN』という関数を使...

 

今回は上で”灰色”を選択して「白・灰色」でボーダー柄を作っています。

①「塗りつぶし」タブをクリックする。

②セルの背景色を選択する。

上の操作後、「サンプル」欄にて指定した背景色が表示されるので、思った通りの選択ができたなら『OK』をクリックしてください。

 

上までの操作を終えると、元の画面に戻るので、条件である「論理式」、条件を満たしたときの「背景色」に問題がなければ、『OK』をクリックします。

 

上までの設定が終わると上の表のようにボーダー柄の表になっているかと思います。

 

このように「条件付き書式」を使うことで、ボーダー柄も作れますし、それ以外の表への工夫を効率よく付け加ええることができます。

スポンサーリンク

コメント