【Excel】LEN関数の使い方【文字列の文字数を数える】

Excel

Excelの『LEN関数』は”指定した文字列(もしくはセル)の文字数を求める”ための関数です。

そんなLEN関数は他の関数の引数に使うケースもあるので、ぜひ覚えていってください。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



LEN関数の使い方

ここではLEN関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

LEN関数の記述の仕方

LEN関数の記述は下の通りです。

=LEN(文字列)

引数 意味
文字列 「文字数を数えたい文字列」を指定する

 

LEN関数の具体的な使い方

ここでは例として「人の名前の文字数を数える」という内容でLEN関数を使ってみます。

セルC2ではセルB2の「明石家さんま」という文字列の文字数を数え、”6”が表示されています。

 

このようにLEN関数では引数に文字数を求めたい文字列(もしくはセル)を指定します。

そうすると、引数になった文字列の文字数を求めることができるのが、LENという関数の使い方になります。

スポンサーリンク

コメント