【Excel】並び替えの使い方【効率よく表データを数字・五十音順に並び替える方法】

Excel

エクセルでは既存のデータに対して、見やすくするために並び替えをしたいときがあります。

例えば、数値が小さい順や五十音順といった数字や文字でデータを管理したいことがあるかと思います。

 

そういう時にはエクセルの機能である『並び替え』を使うと、わざわざ手打ちで表を作り直すなんていう手間がなくなります。

なので、本記事ではそんな『並び替え』のやり方について解説していきます。

 

簡単で重宝される機能ですので、ぜひ覚えていってください。

スポンサーリンク



「並び替え」のやり方

では、さっそく下の表を使って『並び替え』のやり方を解説していきます。

ここでは『登録日時が過去順に並び替える』という内容でやっていきます。

ここでの対象になる『登録日時』は一番左の列になります。

 

 

①「並び替え」を設定するセル範囲を指定する。

※データが多い場合は”表のどのセルかを選択した状態で『Ctrl+A』を押す”と表の全てのデータを指定した状態にすることができる。

②上の「データ」タブをクリックする。

③「並び替え」をクリックする。

 

①「最優先されるキー」に”登録日時”を選択し、並び替えのキーは”値”で、順序は”昇順”を選択する。

②「先頭行をデータの見出しとして使用する(H)」にチェックを入れる。

もしかしたら、並び替えをする際に複数の基準を設ける場合があります。

そういうときには「レベルの追加(A)」をクリックし、基準を追加してください。

 

上までの設定を終えると、予定どおり「登録日時」が過去順に並び替わりました。

 

このようにわざわざデータを手作業で並び替えなくても、エクセルの機能である『並び替え』を使えば効率よく求めている表を作ることができます。

スポンサーリンク

コメント