【VBA】LBoundの使い方【配列のインデックス最小値を調べる】

LBound関数は”配列のインデックス最小値を調べる”時に使います。

上は配列のイメージになります。

ちなみに上の配列の場合、UBound関数を用いると”0”が取得できます。

 

では、この配列の最小値を調べる時に使う「LBound関数」について解説していきます。

スポンサーリンク



LBound関数の記述方法

LBound関数の記述の仕方は下のとおりです。

 LBound(配列名, 次元)
 ※[次元]は省略可(その場合、1次元のインデックス最小値が戻り値)。

 

では、下のコードで「LBound関数がどういうモノか」確認してみましょう。

 

上のコードでは3行目でLBound関数で「a」という配列の1次元のインデックスの最小値を取得しています。

ちなみに上のコードの場合はインデックス最大値は”0”になります。

 

LBoundの参考コード

下は「A列の1行目から5行目までのセルに行と同じ番号を入れていく」処理を行うコードです。

2行目でインデックスが1から5の配列を宣言しています。

なので、配列aに対してLBound関数を使った場合、”1”が戻り値になります。

そして、3行目で配列aのインデックスの最小値から最大値分を繰り返すようにForループで指定しています。

このループ条件で配列の全ての要素を操作することができるようになります。

 

ポイント基本的には配列のインデックス最小値は「0」「1」に設定します。

「0」は配列の始値を設定しなければ0から始まります。

そして、「1」はセル操作の際に「A0セル、B0セル」はなく、「A1、B1」から始まるので、セル操作の際には1が使われることが多い感じがします。

 

スポンサーリンク

コメント