【Excel】CONCATENATE関数の使い方【指定した文字列同士を結合する】

Excel

Excelの『CONCATENATE関数』は”指定した文字列同士を結合する”ための関数です。

 

そんなCONCATENATE関数について解説していきます。

スポンサーリンク



CONCATENATE関数の使い方

ここではCONCATENATE関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

CONCATENATE関数の記述の仕方

CONCATENATE関数の記述は下の通りです。

=CONCATENATE(文字列1,[文字列2],…)

引数 意味
文字列1

文字列2

「結合した文字列」を指定する

 

CONCATENATE関数の具体的な使い方

下はCONCATENATE関数を使っています。

下はセルD3の数式になります。

『D3』:=CONCATENATE(B3,C3)

上の数式では引数にはセルB3(Office)”セルC3(Excel)”を指定しています。

その結果、セルD3にはセルB3とセルC3の文字列が結合された”OfficeExcel”が表示されました。

もちろん、この結合では空白(スペース)も反映されますので、お気を付けください。

スポンサーリンク

コメント