【Excel】AVERAGE関数の使い方【複数の数値の平均値を算出する】

Excel

Excelの『AVERAGE関数』は”指定した複数の平均値を求める”ための関数です。

 

そんなAVERAGE関数について解説していきます。

スポンサーリンク



AVERAGE関数の使い方

ここではAVERAGE関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

AVERAGE関数の記述の仕方

AVERAGE関数の記述は下の通りです。

=AVERAGE(数値1,[数値2],…)

引数 意味
数値 「平均値を出したい複数の数値」を指定する

 

AVERAGE関数の具体的な使い方

ここでは例として科目ごとの平均点の計算という内容でAVERAGE関数を使ってみます。

下はセルB8の数式になります。

『B8』:=AVERAGE(B3:B7)

上の数式では引数に”セルB3からB7の5つの値を指定しています。

その結果、セルB8には「53+34+67+43+79」の平均である”55.2”が表示されています。

スポンサーリンク

コメント