【Excel】ASC関数の使い方【全角を半角に変換する】

Excel

Excelの『ASC関数』は”指定した全角を含む文字列を半角にする”ための関数です。

 

そんなASC関数について解説していきます。

スポンサーリンク



ASC関数の使い方

ここではASC関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

ASC関数の記述の仕方

ASC関数の記述は下の通りです。

=ASC(文字列)

引数 意味
文字列 「半角に変換したい全角を含む文字列」を指定する

 

ASC関数の具体的な使い方

ここでは例としてアルファベットとカタカナを全角から半角に変換するという内容でASC関数を使ってみます。

上ではセルD3の数式について解説をしています。

『D3』:=ASC(B3)

 

セルD3ではASC関数の引数である『文字列』に全てが全角である”セルB3(EXCEL)”を指定しています。

その結果、セルD3にはセルB3の全角から半角になって”EXCEL”という文字列が表示されています。

加えて、セルD4の全角のカタカナでも同様に半角に変換されました。

スポンサーリンク

コメント