【Excel】COUNTA関数の使い方【データの入ったセルを数える】

Excel

COUNTA関数はExcel上で頻繁に使われる関数の1つです。

このCOUNTA関数は選択した範囲内でデータの入ったセル(空白以外)を数える関数となっています。

 

本記事ではそんなCOUNTA関数について簡単に解説していきます。

スポンサーリンク



COUNTA関数の使い方

COUNTA関数の記述は下の通りです。

=COUNTA(数えたいセルの範囲)

 

例えば、下のようにA2~A6の5つの企業を数えるとします。

その場合は下のような記述になります。

=COUNTA(A2:A6)

 

この取得した社数で売上を割って1社あたりの平均売上を計算したりすることができたりします。

 

「COUNTA関数」と「COUNT関数」との違い

COUNTA関数と似たモノにCOUNT関数があります。

なので、それぞれの違いを簡単に説明しておきます。

・COUNTA関数:空白以外の何かしらの入力されているセルの数を数える。

・COUNT関数:数字が入力されているセルの数を数える。

 

正直の話、COUNT関数のほうは使う機会が少ないです。

というのも、COUNTA関数なら、文字列でも数字でもデータが入っていれば数えてくれるからです。

ですので、「数字で識別する場合以外はCOUNTA関数を使えばいい」という考え方でよいかと思います。

 

〇おすすめのEXCEL参考書ランキング!

1位

2位

3位

Excel 最強の教科書[完全版]できるYouTuber式 Excel 現場の教科書たった1日で即戦力になるExcelの教科書【増強完全版】
初心者~中級者初心者~中級者初心者
【実践向きのテクニック習得に!】

・コピペ、ショートカット、オートフィルの作業効率UPテクニック

・見やすいグラフの作成の仕方、簡単なデータ分析の解説をしている。
【初心者用の実務Excel学習に最適!】

・基礎知識、関数や複数の関数を使った組み合わせ、ピボットグラフなどが解説されている。

・ボリュームは少し物足りないが、実務に使うポイントに絞って学ぶことができる。

・「本でサクッと、動画でじっくり」と学ぶことができるという選択したが用意された本である。
【基本中の基本を学ぶのに最適!】

・知っておくべき関数・エクセル機能をしっかり解説されている。

・丁寧に説明していることで、実際のEXCEL作業のイメージがしやすい。

\1,564円
amazonで確認!

\1,650円
amazonで確認! 

\1,694円
amazonで確認!

スポンサーリンク

コメント