【Excel】OFFSET関数の使い方【指定したセル範囲を参照する】

Excel

Excelの『OFFSET関数』は”指定した位置のセル範囲を参照する”ための関数です。

セル参照を引数にする関数と組み合わせることが多いので、ぜひ覚えていってください。

 

では、さっそく解説していきます。

スポンサーリンク



OFFSET関数の使い方

ここではOFFSET関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

OFFSET関数の記述の仕方

OFFSET関数の記述は下の通りです。

=OFFSET(参照,行数,列数,[高さ],[幅])

引数 意味
参照 「基準となるセルまたはセル範囲」を指定する
行数 「『参照』地点から下方向(もしくは上方向)で移動する行数」を指定する

※「0」が『参照』で指定したセルと同じ行位置

列数 「『参照』地点から右方向(もしくは左方向)で移動する列数」を指定する

※「0」が『参照』で指定したセルと同じ列位置

高さ

※省略可

『行数・列数』で交差した地点を軸に、「結果として返したいセル範囲の行数」を指定する

※整数でなければならない。「0、-(マイナス)」は指定できない

※省略可

『行数・列数』で交差した地点を軸に、「結果として返したいセル範囲の列数」を指定する

※整数でなければならない。「0、-(マイナス)」は指定できない

 

OFFSET関数の具体的な使い方

ここではわかりやすくするために、SUM関数と組み合わせた説明をします。

なので、ここではOFFSET関数を使って「指定した範囲の数値を足し算する」という内容で説明します。

 

例えば、下のような形のシートがあったとします。

そして、上のシート内にある「スタート」地点から、数値の入った表にある赤い囲い内の数値を足し算します。

 

その数式記述とOFFSET関数の動き方は下の通りです。

『A1』:=SUM(OFFSET(B3,3,4,2,3))

 

上では第一引数である参照セルB3を指定してスタート地点にしています。

そして、第二引数である行数ではスタート地点から3行目である3、第三引数である列数では4列目である4を指定しています。

最後に、上までで進んだ地点から、第四引数である高さで縦方向に2”行分、第五引数であるで横方向に3”列分を指定しています。

 

その結果、「F6:H7」の範囲にある「33+44+55+333+444+555」数値を足し算して”1464″という数値がセルA1に表示されています。

 

このように他の関数とOFFSET関数を組み合わせることで、より柔軟にセル操作を行うことができるようになります。

 

〇おすすめのEXCEL参考書ランキング!

1位

2位

3位

Excel 最強の教科書[完全版]できるYouTuber式 Excel 現場の教科書たった1日で即戦力になるExcelの教科書【増強完全版】
初心者~中級者初心者~中級者初心者
【実践向きのテクニック習得に!】

・コピペ、ショートカット、オートフィルの作業効率UPテクニック

・見やすいグラフの作成の仕方、簡単なデータ分析の解説をしている。
【初心者用の実務Excel学習に最適!】

・基礎知識、関数や複数の関数を使った組み合わせ、ピボットグラフなどが解説されている。

・ボリュームは少し物足りないが、実務に使うポイントに絞って学ぶことができる。

・「本でサクッと、動画でじっくり」と学ぶことができるという選択したが用意された本である。
【基本中の基本を学ぶのに最適!】

・知っておくべき関数・エクセル機能をしっかり解説されている。

・丁寧に説明していることで、実際のEXCEL作業のイメージがしやすい。

\1,564円
amazonで確認!

\1,650円
amazonで確認! 

\1,694円
amazonで確認!

スポンサーリンク

コメント