【Excel】REPLACE関数の使い方【文字列を置換する】

Excel

Excelの『REPLACE関数』は”指定した文字列を置換する”ための関数です。

 

そんなREPLACE関数について解説していきます。

スポンサーリンク



REPLACE関数の使い方

ここではREPLACE関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

REPLACE関数の記述の仕方

REPLACE関数の記述は下の通りです。

=REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置換文字列)

引数 意味
文字列 「置換する文字列」を指定する
開始位置 「置換対象が何文字目にあるか」を指定する
文字数 『開始位置』から「何文字分が置換対象か」を指定する
置換文字列 「置換対象と置き換える文字列」を指定する

 

REPLACE関数の具体的な使い方

下はREPLACE関数を使っています。

下はセルD3の数式になります。

『D3』:=REPLACE(B3,2,3,”イウエ”)

上の数式では置換対象指定である第一引数『文字列セルB3(あいうえお)を指定しています。

第二引数には置換する文字の開始位置である『開始位置』に2(2文字目)を、何文字分が対象かを指定する第三引数『文字数』に3(3文字分)を指定しています。

最後に置換対象に対して何と置き換えるかを指定する『置換文字列』にはイウエを指定しています。

 

その結果、セルD3には「あいうえお」から「あイウエお」と変換されています。

スポンサーリンク

コメント