【Excel】SUBSTITUTE関数の使い方【特定の文字列を置き換える】

Excel

Excelの『SUBSTITUTE関数』は”対象の文字列内に含まれる特定の文字列を置き換える”ための関数です。

 

そんなSUBSTITUTE関数について解説していきます。

スポンサーリンク



SUBSTITUTE関数の使い方

ここではSUBSTITUTE関数の「記述の仕方」「具体的な使い方」について解説していきます。

SUBSTITUTE関数の記述の仕方

SUBSTITUTE関数の記述は下の通りです。

=SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列,[置換対象])

引数 意味
文字列 「検索対象にする文字列」を指定する
検索文字列 「『文字列』に含まれる置換対象の文字列」を指定する
置換文字列 「『検索文字列』と置き換える文字列」を指定する
置換対象

※省略可

 『文字列』の中に複数の『検索文字列』がある場合、何番目の検索文字列を置き換えるかを指定する。

※一番手前なら「1」と指定し、指定しない場合は全てを置き換える。

 

SUBSTITUTE関数の具体的な使い方

ここでは例として対象文字列に含まれている”クラブ”を”部”に置き換えるという内容でSUBSTITUTE関数を使ってみます。

上ではセルC3の数式について解説をしています。

『C3』:=SUBSTITUTE(B2,”クラブ”,”部”)

 

セルC2ではSUBSTITUTE関数の第一引数である『文字列』には”セルB2(野球クラブ)”を指定しています。

そして、第二引数である『検索文字列』に”クラブ”、第三引数である『置換文字列』に”部”を指定しています。

この第二引数(クラブ)から第三引数(部)に置き換えるという数式となっています。

 

その結果、セルC3には「野球クラブ」が「野球部」となって表示されています。

スポンサーリンク

コメント